サイトマップ RSS

【清水直行のベースボールライフ in NZ】「野球通じて日本とつながり」広がる支援の輪 (1/4ページ)

2014.9.22 14:20

時間があるときは、オークランド市内を散策することも=2005年3月21日、ニュージーランド(清水直行さん提供)

時間があるときは、オークランド市内を散策することも=2005年3月21日、ニュージーランド(清水直行さん提供)【拡大】

  • 現地とのやりとりなどをまとめた資料。中村敬志さんの同時通訳によって、インターネット回線を通じた会議もスムーズに進行する=2014年9月13日(清水直行さん提供)
  • ニュージーランド・オークランド

 異国の地には、日本とは全く異なる文化や慣習が存在する。

 「清水さん、心の中で思っていることは口に出してくださいね。違うならはっきりと、『NO』と意思表示しなければいけません。何も言わなければ、『YES』と判断されることもありますよ」

 ニュージーランド野球連盟のゼネラルマネジャー(GM)補佐と代表統括コーチに就任することが決まり、契約書を結ぶときに通訳をしてくれたオークランド在住の中村敬志さん(44)のアドバイスは、とても印象的だった。

 プロ野球選手として毎年、オフには年俸交渉をしてきた。しかし、球団とのやりとりは振り返ってみれば、あえて曖昧にする部分も多かった。お互いの立場を尊重しつつ、言葉に出さなくても理解しあえることがあったからだ。いうなれば、日本的な慣習だったのかもしれない。

 海外では暗黙の了解で、相手に“善意の解釈”を求めるのはリスクがある。ニュージーランドで初めて海外生活を送ることになる私に、中村さんはそのことを教えてくれた。

ボランティアで通訳

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ