サイトマップ RSS

熟練の92歳 日本人の郷愁表現 はり絵画家 内田正泰さん (1/4ページ)

2014.9.24 16:30

【内田正泰展】「また来ようネ」(1998年、提供写真)

【内田正泰展】「また来ようネ」(1998年、提供写真)【拡大】

  • あっという間に紙を引きちぎって作品を完成させていくはり絵画家の内田正泰さん。その手さばきは92歳とは思えないほど流麗で見事だ=2014年9月11日、神奈川県横浜市旭区(田中幸美撮影)
  • 自宅アトリエで作品を手に取るはり絵画家の内田正泰さん。棚にはこれまで描いた約650点のはり絵作品が、まるでLPレコードのように綺麗に整理されて保管されている=2014年9月11日、神奈川県横浜市旭区(田中幸美撮影)
  • 【内田正泰展】「夕陽とブルージュ」(提供写真)
  • 【内田正泰展】「炭焼き小屋の秋」1995年(提供写真)
  • 【内田正泰展】「秋のフィナーレ」2010年(提供写真)
  • 【内田正泰展】「豊穣」2014年8月(提供写真)
  • 【内田正泰展】「出港の朝」2009年(提供写真)
  • 【内田正泰展】「五月晴れの港」1986年3月(提供写真)

 【アートクルーズ】

 作業台に立つと、傍らの白い洋紙をおもむろに引きちぎり始めた。ハサミは一切使わずに思い思いの形に切っていく。その指先の動きを見ているととても92歳とは思えない。引きちぎった紙を台紙に貼りつけてアッという間に犬の横顔を完成させ、ニッコリとした。

 横浜市旭区に住む内田正泰(まさやす)さんは、半世紀以上のキャリアを誇る現役のはり絵画家だ。これまでに制作した作品は、販売して手元にないものも含めると800点を超える。入道雲を背景に虫取り網を持つ2人の子供や、鮮やかに紅葉した森にたなびく炭焼き小屋の煙、朝焼けに染まった港を出航する船など。いずれも日本人の心に触れ、どこか郷愁を抱く作品ばかり。細部にわたって表現された作品は、紙を貼って作ったとは思えない。

 北海道から沖縄まで訪れて自らの目で見た風景や、幼い頃の思い出、心象風景などをモチーフに作品を制作する。

 風景はその場でスケッチはせず、「ハートで見てきて、帰ってからその思いをはき出す」のが内田流。「これは日本人だなあと思われるものを作りたい」と話す。

デザイナー転身 自己流で世界確立

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ