サイトマップ RSS

【御嶽山噴火】巨大噴石落下「もうダメ」 16人意識不明 (1/3ページ)

2014.9.28 07:00

御嶽山(おんたけさん、標高3067メートル)から上がる噴煙=2014年9月27日午後2時21分、長野・岐阜県境(共同通信社ヘリから撮影)

御嶽山(おんたけさん、標高3067メートル)から上がる噴煙=2014年9月27日午後2時21分、長野・岐阜県境(共同通信社ヘリから撮影)【拡大】

  • 長野県と岐阜県にまたがる御嶽山(おんたけさん、標高3067メートル)

 27日午前11時53分ごろ、長野県と岐阜県にまたがる御嶽山(おんたけさん、3067メートル)が噴火した。長野県によると、各山小屋に連絡を取り、登山者のけがの状況を確認したところ、少なくとも16人が意識不明となっている。山頂付近には一時250人を超える登山者らが取り残された。安倍晋三首相は被災者救助のため、自衛隊の派遣を指示した。

 降灰、息苦しいほど

 御嶽山の噴火はごく小規模な噴火だった2007年3月以来。気象庁によると、9月中旬に火山性地震が増加していたが、ほかの観測データに変化はなく、警戒レベルは5段階のうち「1(平常)」を維持。噴火後に「3(入山規制)」に引き上げた。気象庁は、会見で「噴火の予測は難しかった」とした。

 観測では27日午前11時から午後5時までに計313回の火山性地震があった。うち約240回は噴火前後の約2時間に集中し、その後は減少傾向になった。ただ、「今後も同規模の噴火が起きる可能性がある」とし、火口から4キロ程度の範囲で大きな噴石の飛散の危険があると警戒を呼び掛けた。

百名山、観光客多く

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ