サイトマップ RSS

「優しく勝つ」から優勝 萩原智子 (2/4ページ)

2014.9.29 13:30

シドニー五輪の水泳女子200メートル背泳ぎ決勝で、3位に入り銅メダルを獲得した中尾美樹さん(左)は、筆者(萩原智子さん)から祝福を受け、涙があふれた=2000年9月22日、オーストラリア・シドニー(川村寧撮影)

シドニー五輪の水泳女子200メートル背泳ぎ決勝で、3位に入り銅メダルを獲得した中尾美樹さん(左)は、筆者(萩原智子さん)から祝福を受け、涙があふれた=2000年9月22日、オーストラリア・シドニー(川村寧撮影)【拡大】

  • 【笑顔のアスリート学】萩原智子さん。1980年4月13日、山梨県生まれ。身長178センチの大型スイマーとして、2000年シドニー五輪女子200メートル背泳ぎ4位、女子200メートル個人メドレーで8位入賞。02年の日本選手権で史上初の4冠達成。04年にいったん現役引退し、09年に復帰。子宮内膜症、卵巣嚢腫(のうしゅ)の手術を乗り越え、現在は講演、水泳教室やキャスターなどの仕事をこなす=2007年7月17日(提供写真)

 今から14年前…。2000年のシドニーオリンピック出場をかけた国内選考会でのこと。私はオリンピック出場がかかっている大一番である200メートル背泳ぎの予選レースが行われる当日、何とも言えない不安と調子の悪さで大切なレースから逃げたいと感じていた。「目指してきたオリンピックに出られなかったらどうしよう」。「良い結果が出なかったらどうしよう」。プレッシャーに押しつぶされそうになり、自分で自分の首を絞めた。レースに出場することが嫌で、指導者に本気で棄権したいと言ったほど、マイナス思考の精神状態だった。

 レース前に召集所へ集まったときも、私は泣いていた。泣いている私に誰一人声をかけない。「ライバルが1人減った。ラッキー」。なんて思っている人もいたのかもしれない。勝負の前に、人のことを考える余裕などないのが当たり前だ。しかしそんな中、私に声をかけてくれた人がいた。中尾美樹さん。当時の私の背泳ぎのライバルだ。「ハギトモ、大丈夫? 何かあったん? お互いに頑張ろな」。この言葉に私はハッとした。勝負の大一番を前に、ライバルに優しく声をかけ励ます。何とも言えない優しさが不安な私の心を包み、前向きに変えてくれた。200メートル背泳ぎ決勝では中尾さんが優勝、私は2位。共にオリンピックの出場権を獲得することができた。

優しさと強さを兼ね備えた人だったからこそ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ