サイトマップ RSS

【御嶽山噴火】山頂覆う灰 懸命の救助活動続く (1/3ページ)

2014.9.30 10:25

噴火から3日目を迎えても激しく噴煙が上がる御嶽山(おんたけさん、3067メートル)山頂付近=2014年9月29日午前、長野・岐阜県境(本社ヘリから撮影、甘利慈撮影)

噴火から3日目を迎えても激しく噴煙が上がる御嶽山(おんたけさん、3067メートル)山頂付近=2014年9月29日午前、長野・岐阜県境(本社ヘリから撮影、甘利慈撮影)【拡大】

  • 色づき始めた紅葉を背に、残された登山者の救出に向かう消防と自衛隊の捜索隊=2014年9月28日午前、長野県木曽郡王滝村(本社チャーターヘリから、大山文兄撮影)
  • 御嶽山(おんたけさん、3067メートル)山頂付近にある山荘も火山灰にすっぽり覆われ、捜索は困難を極めた=2014年9月29日午前、長野・岐阜県境(本社ヘリから、甘利慈撮影)
  • 御嶽山(おんたけさん、3067メートル)の山頂にある御嶽神社付近で捜索活動を行う自衛隊と消防の捜索隊。噴火によって社殿は火山灰に覆われ、ご祭神の像も首が折れてしまった=2014年9月28日午前(本社チャーターヘリから、大山文兄撮影)
  • 御嶽山(おんたけさん、3067メートル)の二の池。美しい水色の湖にも火山灰が降り注いでいた。後方は白煙を上げる御嶽山=2014年9月28日午前、長野県側の御嶽山山頂付近(本社チャーターヘリから、大山文兄撮影)
  • 長野・岐阜両県にまたがる御嶽山(おんたけさん、3067メートル)=※カシミール3Dで作製
  • 2014年9月27日午前11時53分ごろ、長野県と岐阜県にまたがる御嶽山(おんたけさん、標高3067メートル)が噴火した=※地形は「カシミール3D」で作製

 長野、岐阜両県にまたがる御嶽山(おんたけさん、3067メートル)の噴火から3日目を迎えた29日、長野・岐阜両県警と消防、自衛隊は550人体制で、山頂付近の登山道に残された登山者の救助活動を再開した。

 快晴の下、噴火した御嶽山の頂上だけが雪のように火山灰に覆われ、まるで月面のような異様な姿をさらしていた。29日午前、上空からヘリコプターで見ると、自衛隊員や警察官らが懸命に捜索活動を続ける様子がうかがえた。

 山頂付近にある神社や山小屋の周囲を集中的に捜索。グリーンの迷彩服の自衛隊員、警察官は薄ブルーと黄色の出動服姿だった。それぞれがヘルメットと白いマスクを着用し、かがみ込んで灰を掘ったり、救助した人を毛布にくるみ、担架に乗せていたりする光景が見られた。

 噴火から2日が過ぎても、火口からは白い煙がもくもくと高く上がっていた。山肌を覆う灰は太陽に照らされて乾燥し、ところどころにひび割れが生じていた。

 神社の社務所の屋根には噴火で噴き上げられた岩が転がったまま。山小屋も岩石の直撃を受けたのか、屋根が大きく壊れているところもあった。

モノクロの世界 励まし合って下山

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ