サイトマップ RSS

ファンが後押しする陣取り合戦 ロックンロール三国志?っと!II~黄巾ゾックゾクの乱~ (1/3ページ)

2014.10.1 15:10

手前からテラスに設置された小ステージで演奏するN’夙川BOYS、左が中ステージのキュウソネコカミ、奥が大ステージにいるThe_Mirras=2014年9月23日、東京都江東区・新木場スタジオコースト(後藤壮太郎さん撮影)

手前からテラスに設置された小ステージで演奏するN’夙川BOYS、左が中ステージのキュウソネコカミ、奥が大ステージにいるThe_Mirras=2014年9月23日、東京都江東区・新木場スタジオコースト(後藤壮太郎さん撮影)【拡大】

  • 騎馬戦では熱気があふれた=2014年9月23日、東京都江東区・新木場スタジオコースト(後藤壮太郎さん撮影)

 数多いイベントの中でも《N’夙川BOYS presents ロックンロール三国志?っと!II~黄巾ゾックゾクの乱~》は想定外の展開ばかりで、最初から最後まで楽しめた。この企画は2回目だが、今回は大掛かりだ。新木場スタジオコースト内に設置された大中小のステージ(城)を取り合いながらN’夙川BOYS、The Mirras、キュウソネコカミという気鋭の3バンドが演奏するという設定。戦うことになったきっかけは横山光輝の漫画『三国志』第1巻で、その経緯はネット上に動画で予告されたほどの凝りようだ。

 ゴムボートの騎馬戦

 各バンドが「夙」「木」「窮」と書かれたのぼり旗を携えて登場し、正面の大ステージに陣取ったN’夙川BOYSの演奏からスタート。The Mirrasの畠山承平(Vo/G)は諸葛孔明の衣装を用意したほどの気合いの入れよう。順に1曲ずつ演奏する間、他のバンドはそれを見て踊るなど和やかな雰囲気だ。

最後には一致団結

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ