サイトマップ RSS

「地産地読」という新しい小説のかたち 幅允孝 (2/5ページ)

2014.10.1 18:15

温泉でゆっくり『城崎裁判』はいかが?=2014年9月1日(三木屋撮影、提供写真)

温泉でゆっくり『城崎裁判』はいかが?=2014年9月1日(三木屋撮影、提供写真)【拡大】

  • 「城崎裁判」(万城目学)。城崎の外湯を巡る温泉奇譚。城崎温泉の外湯7カ所や旅館、宿泊案内所などで購入いただけます。NPO法人「本と温泉」、1700円。防水=2014年9月17日(提供写真)
  • 兵庫県豊岡市の城崎温泉
  • 【本の話をしよう】ブックディレクター、幅允孝(はば・よしたか)さん(山下亮一さん撮影、提供写真)

 もっとも有名なのは、町の名が作品にもなった志賀直哉の『城の崎にて』。だが、他にも与謝野鉄幹・晶子夫妻や島崎藤村、武者小路実篤、有島武郎などなど、来湯の事実ならざくざく出てくる。司馬遼太郎も1963年に『竜馬がゆく』の取材のため、桂小五郎が隠遁していたという「つたや」旅館に宿泊したらしい。

 近代文学の先人たちがこの温泉町に来ていた1920~30年頃は、観光という言葉自体は存在したものの、今でいうインバウンド誘致の意味合いが強かったらしい。実際、大衆の観光旅行が日常化し広がったのは1960年以降だから、当時の文学者たちは純粋に湯治のためや、執筆環境の変化のため、もしくは編集者たちの締め切りの追い立てや、その他の煩わしいことから逃亡するため、はるか城崎温泉まで足を運んでいたようだ。わざわざ、ようこそいらっしゃいました。

 ちなみに志賀直哉も相撲見物の帰りに山手線の電車にひかれ、その療養のために城崎温泉を訪れたようだ。その温泉街で偶然目にした蜂、ネズミ、イモリの小さな3つの生き物の死。しかもそのうちのひとつは、小説家が石を投げ、偶然にも奪ってしまった命だ。そんなささやかな死と、事故にあっても生きている自分の不思議を一緒くたに混ざりあわせた感触が、『城の崎にて』という12ページばかり(新潮文庫)の名作短編を生み出したのだろう。

作家招き入れ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ