サイトマップ RSS

「地産地読」という新しい小説のかたち 幅允孝 (5/5ページ)

2014.10.1 18:15

温泉でゆっくり『城崎裁判』はいかが?=2014年9月1日(三木屋撮影、提供写真)

温泉でゆっくり『城崎裁判』はいかが?=2014年9月1日(三木屋撮影、提供写真)【拡大】

  • 「城崎裁判」(万城目学)。城崎の外湯を巡る温泉奇譚。城崎温泉の外湯7カ所や旅館、宿泊案内所などで購入いただけます。NPO法人「本と温泉」、1700円。防水=2014年9月17日(提供写真)
  • 兵庫県豊岡市の城崎温泉
  • 【本の話をしよう】ブックディレクター、幅允孝(はば・よしたか)さん(山下亮一さん撮影、提供写真)

 しかも、この本がユニークな点は、城崎の町でしか買えないところにもある。冒頭でも書いた、地産地消というか、「地産地読」小説というわけだ。都心の大手出版社でつくるのではなく、旅館の若旦那衆が中心になってつくったNPO法人「本と温泉」から出版されたこの本は、あえて全国流通させず、城崎の町のお土産屋や旅館、外湯のみで販売しているのだ。なるだけたくさん刷り、たくさん売り、たくさん読まれることが本の正義だと信じられてきたが、城崎の磁場だからこそ味わってもらえる読書体験を提案しようとする斬新な試みだ。

 だからこそ、この本は防水になっている。そう、温泉街ですもの。城崎は浴衣を着てそぞろ歩きをしながら湯巡りをするのが有名な町だから、外湯に浸かりながら読んでもらおうというわけなのだ。アートディレクターの長嶋りかこが手掛けた驚きの装丁は、表紙がタオル地、というかタオルでできている。そして、本文用紙は水をはじくストーンペーパーを使用。かつて見たこともないような1冊が誕生した。風呂場で読んで、体も洗える本なんて聞いたことがない。

 たどりついた外湯でシャンプーやタオルやコーヒー牛乳を買うように、「万城目学の新作を一丁」なんて、番頭さんに言付けても、しっかりと『城崎裁判』はあなたに差し出される。なんとも、乙ではないか。町の磁場に寄り添った小説『城崎裁判』。読み手が物語を味わう状況までつくり出そうとするこの新しい小説のかたちをみたら、文学の先人たちは何というのだろうか?(ブックディレクター 幅允孝/SANKEI EXPRESS

 ■はば・よしたか BACH(バッハ)代表。ブックディレクター。人と本がもうすこしうまく出会えるよう、さまざまな場所で本の提案をしている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ