サイトマップ RSS

この堂々たるライプニッツ著作集全10巻 知の組み合わせをめざすアルス・コンビナトリア 松岡正剛 (1/5ページ)

2014.10.5 12:05

【BOOKWARE】編集工学研究所所長、イシス編集学校校長の松岡正剛さん=9月14日、東京都千代田区の「丸善丸の内店内の松丸本舗」(大山実撮影)

【BOOKWARE】編集工学研究所所長、イシス編集学校校長の松岡正剛さん=9月14日、東京都千代田区の「丸善丸の内店内の松丸本舗」(大山実撮影)【拡大】

  • 【BOOKWARE_松岡正剛】BOOK_MEETS_BOOK

 【BOOKWARE】

 日本で唯一のライプニッツ著作集が工作舎から刊行されている。工作舎はぼくが1971年に立ち上げた出版社ではあるが、この著作集の仕掛人は一から十までが十川治江だ。しかもいまは全10巻だが、さらに続刊を計画している。数理にめっぽう強い十川のライフワークにふさわしいと思って、強く唆(そそのか)した。さっそく逗子の下村寅太郎さんを中心に翻訳編集体制が整えられていった。

 第1巻刊行は1988年の冬。ぼくはすでに工作舎を引いていたが、装丁とエディトリアルデザインは杉浦康平さんが引き受けてくれた。とても知的に美しく、とてもライプニッツめいている。3年をへて配本を了えた。日本で最も刺激的な容貌を発揮している数理的な著作集なのではないかと思う。

 小出版社が巨人ライプニッツの著作集に挑むなんて大変な仕業だ。だいたい何を収録するかだけでも戦争のようなもので、本場のドイツでも200巻を超えるライプニッツの完本がまだ完成していない。しかし、挑戦するにふさわしい巨人なのである。ライプニッツによって、世界の見方はそれ以前とそれ以降に大きく分かれたのだ。だからその著作集を揃えることは、世界哲学史に幅の太いキラキラと輝く日付変更線を立ち上げるようなものなのだ。

結合するための大いなる技能 「アルス・コンビナトリア」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ