サイトマップ RSS

若い世代や女性 進む「日本酒回帰」 宝酒造のスパークリング日本酒「澪(みお)」が人気牽引 (2/5ページ)

2014.10.7 11:55

タンク内の日本酒を点検する碓井規佳(うすい・のりよし)工場長。「酒造りに必要なのは、技術と愛情」と語る=2014年9月18日、兵庫県神戸市東灘区(ニュースペース・コム撮影)

タンク内の日本酒を点検する碓井規佳(うすい・のりよし)工場長。「酒造りに必要なのは、技術と愛情」と語る=2014年9月18日、兵庫県神戸市東灘区(ニュースペース・コム撮影)【拡大】

  • モノトーンで統一された白壁蔵(しらかべぐら)の外観。「造り酒屋」をデザイン化したという=2014年9月18日、兵庫県神戸市東灘区(ニュースペース・コム撮影)
  • 白壁蔵(しらかべぐら)で製造された宝酒造を代表するブランド「白壁蔵木?(きもと)純米」(左)と「澪(みお)」=2014年9月18日、兵庫県神戸市東灘区(ニュースペース・コム撮影)

 同社を代表する日本酒のブランド「松竹梅白壁蔵」シリーズをはじめ、純米大吟醸酒、大吟醸酒などを製造。杜氏(とうじ)や蔵人が長年培ってきた手造りの技を生かしながら、そこに最新の機械や技術を組み合わせた酒造りをしている点が大きな特徴で、ヒット商品となった澪もここから生まれた。開発には実に6年の歳月がかかったという。

 「一般的な日本酒のアルコール度数は15%ですが、澪は5%。アルコール度数が低いと、どうしても味が薄い感じになってしまうので、その点をどうするかが一番難しい点でした。炭酸ガス、甘みをバランスよく配分しつつ、しっかりと米の旨みを引き出せたところが、市場で評価された一つの理由ではないでしょうか」と白壁蔵の碓井規佳(うすい・のりよし)工場長(53)は話す。

 スパークリング日本酒は現在、約100銘柄が販売されている。しかし、日本酒市場に占める割合は1%程度と、まだまだ低い。こうしたなか、澪は昨年度、前年比4倍の60万ケース(1ケースは300ミリリットル12本入り)を記録。今年も、「好調な伸びを示している」(同社)といい、その動向が業界でも注目されている。こうした需要の増加に対応するため、同社では、白壁蔵の原酒製造設備と、伏見工場(京都市伏見区)の瓶詰設備の増強に約25億円を投じた。今年秋から冬には年間200万ケースの供給が可能になるという。

碓井規佳工場長「ここは工場でありながら、研究所でもあります」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ