サイトマップ RSS

若い世代や女性 進む「日本酒回帰」 宝酒造のスパークリング日本酒「澪(みお)」が人気牽引 (3/5ページ)

2014.10.7 11:55

タンク内の日本酒を点検する碓井規佳(うすい・のりよし)工場長。「酒造りに必要なのは、技術と愛情」と語る=2014年9月18日、兵庫県神戸市東灘区(ニュースペース・コム撮影)

タンク内の日本酒を点検する碓井規佳(うすい・のりよし)工場長。「酒造りに必要なのは、技術と愛情」と語る=2014年9月18日、兵庫県神戸市東灘区(ニュースペース・コム撮影)【拡大】

  • モノトーンで統一された白壁蔵(しらかべぐら)の外観。「造り酒屋」をデザイン化したという=2014年9月18日、兵庫県神戸市東灘区(ニュースペース・コム撮影)
  • 白壁蔵(しらかべぐら)で製造された宝酒造を代表するブランド「白壁蔵木?(きもと)純米」(左)と「澪(みお)」=2014年9月18日、兵庫県神戸市東灘区(ニュースペース・コム撮影)

 精米したコメを洗う「洗米」に始まり、水に漬けて水分を吸収させる「浸漬(しんせき)」、コメを蒸し上げる「蒸(じょう)きょう」、麹(こうじ)菌を育成させる「麹造り」…。日本酒ができるまでには多くの工程があり、どれ一つおろそかにできない。温度や時間、タイミングなど寸分のミスも許されないシビアな作業が続く。

 白壁蔵では、設備面にも徹底的にこだわり、かつての和釜の原理を再現した連続式蒸米機や均一に温度のコントロールができる仕込みタンク、味にむらが出ないようにコメが水を吸う速度を秒単位でコントロールできる浸漬装置などを導入。一部の機械は、メーカーと独自開発するこだわりようだ。

 「ここは工場でありながら、研究所でもあります。杜氏や蔵人が継承してきた経験やノウハウを継承しながら、これまで勘にたよっていた香りや温度など、データをとって数値化できるものは数値化し、それによって安定した品質の日本酒造りを目指しています」(碓井工場長)

家族にも『あれは、お父さんたちが造っているお酒だよ』と自慢できるようになった

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ