サイトマップ RSS

25歳の「子どもの権利条約」 1979年 うたわれたメッセージ (1/4ページ)

2014.10.9 11:30

お母さんの腕の中で微笑む男の子。どの子供にも、「生きる権利」「守られる権利」「育つ権利」「参加する権利」がある=2014年3月21日、ウガンダ(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)

お母さんの腕の中で微笑む男の子。どの子供にも、「生きる権利」「守られる権利」「育つ権利」「参加する権利」がある=2014年3月21日、ウガンダ(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)【拡大】

  • 家があった場所に立ちすくむ女の子。紛争や災害で最も影響を受けるのは子供だ=2014年7月28日、イスラエル・パレスチナ自治区ガザ地区(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • きれいな水を飲み健康に生きることも子どもの権利だ=2009年8月17日、カンボジア(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • 学びたくても学べない子供たちもいる。難民キャンプで暮らすシリアの子供たち=2013年11月1日、レバノン(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • ルワンダの小学生。教室には純粋な笑顔が輝く。(C)World_Vision/Kosuke_Mae
  • 子供の権利を求めて行進する子供たち=2013年6月23日、インドネシア(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • 国際NGO「ワールド・ビジョン・ジャパン」の浅野恵子さん(前列右、提供写真)
  • ワールド・ビジョン・ジャパン(WVJ)__キリスト教精神に基づいて開発援助、緊急人道支援、アドボカシー(市民社会や政府への働きかけ)を行う国際NGO。子供たちとその家族、そして彼らが暮らす地域社会とともに、貧困と不公正を克服する活動を行っている。http://www.worldvision.jp/

 幼い時の記憶がどのぐらい残っているかは、ずいぶん個人差があるらしい。私は、なぜか小学生以下の時の記憶がたくさん残っている。今でも覚えているのは、小学校1年生の朝礼のときのことだ。体育館でみんなで歌った歌に「ビューティフル・ネーム」という歌があり、サビのフレーズを繰り返し歌った。

 実は、その年1979年は、「児童権利宣言」(59年採択)の20周年を記念して国連が「国際児童年」と定めた年で、この歌は、ゴダイゴというバンドによる「国際児童年」のテーマ曲だった。この年、世界中が子供の問題を考え、解決のために力を尽くしていこうとする動きがまとまり、「子どもの権利条約」を現実のものとするための作業部会が国連に設置された。当時の私には、そんな複雑なことはわかりようもなかったが、学校の先生が、「子供は大切にされなければならないんですよ」というメッセージを発信していたのを覚えている。

 子供は大人と異なる存在で、「子供だから」認められるべき権利がある、という考えは、今でこそ当たり前だが、世界で共有されるようになったのは20世紀のことであり、比較的新しい概念といえる。戦後間もない48年にすべての人は平等であるとした「世界人権宣言」を経て、59年に「児童権利宣言」が生まれた。ここでうたわれた精神を、宣言に終わらせることなく、実際に効力のある権利条約にしていくための動きが始まったのが、79年の「国際児童年」だったのである。

一人一人の「個」 認める社会が第一歩

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ