サイトマップ RSS

「秋バテ」対策 栄養バランスよくきっちり3食 (1/2ページ)

2014.10.10 10:05

牛乳ではなくトマトジュースをかける新感覚「トマトグラノーラ」(提供写真)

牛乳ではなくトマトジュースをかける新感覚「トマトグラノーラ」(提供写真)【拡大】

 「秋バテ」という言葉が、ここ3年ほどで少しずつ認知度が上がっている。暑さによる「夏バテ」の悩みや不安から解消されそうな今の時期、涼しく、過ごしやすくなってきたにもかかわらず、体調が思わしくない、調子が上がらないという人が増える傾向にあるという。

 秋バテは、9月以降に現れる、食欲不振・体の疲れやすさ・めまいや立ちくらみといった症状。初秋の激しい寒暖差や、夏の間のクーラーなどによる冷えの慢性化、暑さによる疲労の蓄積やストレスなどが主な原因として挙げられる。

 秋バテ予防に心がけたい生活習慣とはなにか。管理栄養士の春日千加子さんは「体の調子を整えるには、何よりもまず欠食せずに3食きちんと食事をとることが重要。特に、体内時計のズレをリセットするために、朝食も抜かずにとること」と話す。

<トマト> 疲労回復を促し、胃の働きを活発

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ