サイトマップ RSS

思いやれれば自分も幸せに 「女子会のお作法 『汚ブス』にならないための39か条」著者 KENJIさん (1/4ページ)

2014.10.16 16:10

2000人以上の女性たちに愛あるビンタを送ってきたKENJIさん。「実は私自身が一番の汚ブス。だからこそ、相手のことがよく分かるんです」=2014年9月24日、東京都千代田区(寺河内美奈撮影)

2000人以上の女性たちに愛あるビンタを送ってきたKENJIさん。「実は私自身が一番の汚ブス。だからこそ、相手のことがよく分かるんです」=2014年9月24日、東京都千代田区(寺河内美奈撮影)【拡大】

  • 「女子会のお作法_『汚ブス』にならないための39か条」(KENJI著/産学社、1200円+税、提供写真)

 【本の話をしよう】

 男子禁制の「女子会」。そこで繰り広げられる女子のホンネ、のぞいてみたくない? 10代~80代の女子会に400回以上参加し「日本一女子会に呼ばれる社長」と呼ばれるKENJIさんが、女子の生態、より輝くための方法を『女子会のお作法』にまとめた。

 本気で怒る

 「最初は友達に呼ばれて参加した合コンがきっかけでした。そこに来ていた女性がご託を並べてあれこれ物言いするのに、思わずホンネで毒舌をぶつけてしまった。そしたら、みんな泣き出してしまって…。後日、『KENJIさんに叱られてスッキリした。女子会をやるのでぜひ来てください』と。そこから、どんどん口コミで『うちにも来て!』と広がっていきました。80代の女子会は、早朝のお散歩後のファミレスで、でしたね」

 現在はPR会社の代表を務めるが、それまでは大手芸能事務所で秘書やマネジャーを長年つとめてきた。多くのタレントやお笑い芸人を育ててきたからこその「人を磨く力」。それを礎にした愛ある毒舌が、悩みがつきない女子たちのハートに突き刺さったようだ。

中途半端に接するのはやめようと決めた

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ