サイトマップ RSS

ウォーターゲート報道 信念の指揮官 米WP紙元主幹 B・ブラッドリー氏死去 (1/3ページ)

2014.10.23 06:40

 米紙ワシントン・ポストの元編集主幹で、1974年にリチャード・ニクソン大統領(13~94年)を辞任に追い込んだウォーターゲート事件報道を指揮したベン・ブラッドリー氏が21日、ワシントンの自宅で老衰のため死去した。93歳だった。ポスト紙(電子版)は社説を掲載し「彼の魅力と天性の指導力が才能豊かなスタッフらを集め、その時代に最も名高い新聞編集になった」と、その死を悼んだ。一地方紙にすぎなかったポスト紙を米国の最有力紙の一つに育て上げた。事件の「ディープスロート」(情報源)を知っていたのは、スクープ記事を書いた記者2人とブラッドリー氏の3人だけだったとされている。

 政権と対峙し続け

 「彼の下で記者たちは語るべき事柄を語り、世界を理解する手助けをしてくれた」。バラク・オバマ米大統領(53)は21日、声明を出し、功績をたたえた。

 ブラッドリー氏は1921年に東部ボストンで生まれた。ハーバード大学を卒業後、ニューズウィーク誌などを経て65年にポスト紙の編集局長に就任。68年から23年間、編集主幹としてポスト紙を率いた。

頑固さ、豪胆さ、プロ根性

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ