サイトマップ RSS

人類がつくりあげた不思議な「神殿」 英国南部 ストーンヘンジ (1/4ページ)

2014.10.27 18:30

石柱遺跡ストーンヘンジを背景に携帯電話で自分の写真を撮る観光客=2014年9月25日、英国・ソールズベリー(内藤泰朗撮影)

石柱遺跡ストーンヘンジを背景に携帯電話で自分の写真を撮る観光客=2014年9月25日、英国・ソールズベリー(内藤泰朗撮影)【拡大】

  • 石柱遺跡ストーンヘンジの“住人”は鳥たちだった=2014年9月25日、英国・ソールズベリー(内藤泰朗撮影)
  • ビジターセンターで石柱遺跡ストーンヘンジの全景を紹介するモニター画面を見る観光客=2014年9月25日、英国・ソールズベリー(内藤泰朗撮影)
  • ビジターセンターに置いてある石柱を引いてみる子供たち。重さ25トンもある巨石を動かすのに当時の人々は大いに知恵を絞った=2014年9月25日、英国・ソールズベリー(内藤泰朗撮影)
  • ビジターセンターに展示された、石柱遺跡ストーンヘンジ周辺で暮らしていたとみられる人の復元モデル=2014年9月25日、英国・ソールズベリー(内藤泰朗撮影)
  • 英国・ソールズベリーの石柱遺跡ストーンヘンジ

 【Viva!ヨーロッパ】

 英国南部にある石柱遺跡のストーンヘンジは、誰が何のためにつくったのか、いまだわかっていない。最新の技術で地中の調査が行われ、遺跡が周辺にも多数存在していることが最近、明らかになった。鉄器も文字もなかった約4500年前、はるか遠くから重い巨石を運んでつくられた石柱群は今も多くの人々をひきつける。巨石をも動かす先史時代の力にあやかろうと、不思議なパワースポットに出かけてみた。

 「住人」は小鳥たち

 英国名物のヒツジたちが草をはむ緑の丘陵地帯を、小高い丘の上の方に歩いていくと、突如、灰色の石柱群が目の前に現れた。建設された当時は、白かったが、時とともに灰色に変色したという。

 石柱は環状に立てられ、その周りには、遺跡を巡る観光客のために歩道がつくられ、周囲から遺跡を眺められるようになっていた。太陽の光の当たり具合いや遺跡への距離、角度によって、同じ石柱でもさまざまな表情を見せてくれる。

 石柱に最も近い所に、人だかりができていた。近づくと、小鳥の群れが石柱の上から行き交う観光客を見下ろし、時折、歩道近くに降りてきて観光客におこぼれをねだっていた。

祭壇か癒やしの場

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ