サイトマップ RSS

男女6人「火星生活」精神観察 NASA主導、8カ月隔離実験 (2/3ページ)

2014.10.29 00:00

米ユタ州に設けられた「火星砂漠研究基地(MDRS)」。過酷な火星の環境に人類は耐えられるのか。有人火星探査のための研究や実験が各地で行われている(AP)

米ユタ州に設けられた「火星砂漠研究基地(MDRS)」。過酷な火星の環境に人類は耐えられるのか。有人火星探査のための研究や実験が各地で行われている(AP)【拡大】

  • 米ハワイ州ホノルル(オアフ島)

 実験の間は、新鮮な食料は食べられず、ドームの外に出るときは宇宙服を着用しなければならない。外との連絡は電子メールだけで、しかもネットの接続には、火星での想定と同じ20分もかかる。

 6人を率いるマーサ・レニオ隊長(34)は再生可能エネルギーのコンサルタント会社の起業を目指しているという。他のメンバーもNASAの航空宇宙技術者、米軍の無人機の技師、大学院生など幅広い。

 ビンステッド氏はAFPに対し、「リアリティー番組とは逆に、ドラマが起きないような人たちを選んだ。互いに歩調を合わせ、団結してやっていける冷静な人たちだ」と説明した。

 実験では共同生活の様子をモニターし、心理状態の変化がミッションに与える影響を調べる。また、メンバーの話す声の大きさやメンバー同士が話す距離の近さなどを測定し、そこからメンバーの間でいさかいが起きていないかや、誰かが孤立していないかを外部から把握するといった実験も行うという。

見渡すかぎり溶岩

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ