サイトマップ RSS

【拉致再調査】拉致被害者12人 改めて調査 徐大河委員長、軍階級と肩書に矛盾 (1/4ページ)

2014.11.1 08:40

日本政府代表団との協議に向かう北朝鮮・特別調査委員会の徐大河(ソ・デハ)委員長(手前)。大きな星1つの肩章が朝鮮人民軍の少将であることを示している=2014年10月28日、北朝鮮・首都平壌市(代表撮影)

日本政府代表団との協議に向かう北朝鮮・特別調査委員会の徐大河(ソ・デハ)委員長(手前)。大きな星1つの肩章が朝鮮人民軍の少将であることを示している=2014年10月28日、北朝鮮・首都平壌市(代表撮影)【拡大】

  • 【拉致再調査】北朝鮮の特別調査委員会の構成=2014年10月28日現在
  • 政府が認定する安否不明の拉致被害者(「死亡」「未入国」は北朝鮮の発表・回答)。※拉致被害者の項目は、氏名、当時の年齢、北朝鮮発表の順
  • 政府の説明を聞くの飯塚繁雄代表(右)、横田早紀江さん(右から3人目)ら拉致被害者家族会のメンバー=2014年9月19日午後、東京都千代田区の内閣府(三尾郁恵撮影)
  • 拉致被害者、増元(ますもと)るみ子さん=拉致当時(24)=の弟で、家族会事務局長の照明さん=2014年5月30日、東京都千代田区(財満朝則撮影)
  • 金正恩(キム・ジョンウン)氏と張成沢(チャン・ソンテク)氏の関係=2013年12月13日、※敬称略。写真は聯合ニュースなど
  • 5月28日、首都ストックホルムで行われた3日目の日朝外務省局長級協議を終え、記者団に囲まれる北朝鮮の宋日昊(ソン・イルホ)朝日国交正常化交渉担当大使。翌29日、北朝鮮はすべての拉致被害者の再調査を約束した=2014年、スウェーデン(ロイター)
  • 北朝鮮・首都平壌市

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官(65)は31日の記者会見で、拉致被害者らの再調査をめぐる平壌での政府代表団と北朝鮮特別調査委員会の協議について、北朝鮮側から拉致被害者12人の入国の有無や生活状況などを改めて個別に調べるとともに、被害者に関する新たな証人や物証を探していると説明があったことを明らかにした。

 安倍晋三首相(60)は31日の衆院地方創生特別委員会で、日朝協議に関し「北朝鮮はゼロベースで調査を始めるものと理解している」と指摘した。

 菅氏は会見で、北朝鮮側による最初の報告時期について「常識的には年内」との認識を示した。さらに、政府代表団の平壌派遣の意義を「拉致問題解決に向けた日本の強い決意を北朝鮮の最高指導部に伝えることができた」と強調した。

 菅氏によると、拉致被害者を含め再調査の現状について、北朝鮮側は「これから調査を深めていく段階で、途中段階で臆測を招くような説明は避ける。現時点で客観的な資料を発見できていない」と述べた。日本人遺骨問題に関しては、北朝鮮側は「新たな埋葬地の発見に努めている」と説明。日本に制裁の緩和を求める発言はなかった。

 政府は31日、拉致被害者家族と自民党拉致問題対策本部に、日朝協議の結果をそれぞれ報告した。

今後の協議の日程 伊原純一外務省アジア大洋州局長「決まっていない」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ