サイトマップ RSS

R・ポランスキー、母国で逮捕されず

2014.11.1 11:50

 ポーランドの映画監督、ロマン・ポランスキー氏(81)が、米国での少女淫行事件について、母国南部クラクフで検察当局から事情聴取を受けていたことが分かった。10月30日、英BBCが伝えた。

 検察当局によると、米当局から、ポーランドに入国したポランスキー氏の身柄の拘束と米国への強制送還の要請があったものの、逮捕は必要ないと判断したという。ポランスキー氏は1977年、カリフォルニア州で少女にわいせつな行為をしたとして訴追されたが、翌年、国外に逃れた。(SANKEI EXPRESS

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ