サイトマップ RSS

【花緑の「世界はまるで落語」】(31) 究極の感謝はご先祖の供養 (1/4ページ)

2014.11.1 12:00

三代目柳家小さん師匠のお墓参りで東京・雑司ヶ谷の法明寺へ=東京都豊島区(柳家花緑さん提供)

三代目柳家小さん師匠のお墓参りで東京・雑司ヶ谷の法明寺へ=東京都豊島区(柳家花緑さん提供)【拡大】

  • 【花緑の「世界はまるで落語」】落語家、柳家花緑(やなぎや・かろく)とその一門。(前列左から)花ん謝(かんしゃ)、鬼〆(おにしめ)、花緑、初花(しょっぱな)、柳貴家雪之介(やなぎやゆきのすけ)、(後列左から)圭花(けいか)、緑太(ろくた)、フラワー、緑君(ろっくん)、花いち(はないち)、まめ緑(まめろく)、花どん(はなどん、提供写真)
  • 【花緑の「世界はまるで落語」】落語家、柳家花緑(やなぎや・かろく)とその一門。(前列左から)花ん謝(かんしゃ、3人目の弟子)、鬼〆(おにしめ、2人目の弟子)、花緑(師匠)、初花(しょっぱな、最初の弟子)、柳貴家雪之介(やなぎやゆきのすけ、弟子ではなく一門に入門)、(後列左から)圭花(けいか、10人目の弟子)、緑太(ろくた、7人目の弟子)、フラワー(8人目の弟子)、緑君(ろっくん、4人目の弟子)、花いち(はないち、5人目の弟子)、まめ緑(まめろく、6人目の弟子(女性))、花どん(はなどん、9人目の弟子(花緑さんの弟子はこの時点で9人)=2012年7月7日現在
  • 【花緑の「世界はまるで落語」】落語家、柳家花緑(やなぎや・かろく)さん(ミー&ハー_コーポレーション提供)
  • 【本の話をしよう】「落語が教えてくれること」(柳家花緑著/講談社、1000円、提供写真)

 今朝は、感謝すべきことについて考えてみたいと思います。

 突然ですが「究極の感謝」とはいったい何でしょうか? 親に対する感謝。日々、生きていることへの感謝。いろいろ考えられます。私が考える「究極の感謝」は先祖供養だと思います。

 自分のルーツであり、DNAのつながりであるご先祖さま。当たり前の話ですが先祖がいなければ自分も今ここにはいません。今がつらかろうが楽しかろうがその体験全てが先祖からのバトンを受け取ったからです。この事実が当たり前過ぎて、つい“感謝”という発想を忘れます。ですが、暮らしの中でもいただき物をしたとき、ありがとうございます、といただいた相手に向かってお礼を言うのは当たり前なことです。われわれも生を受けたのですから、その事実に対してお礼をきちんとご先祖さまに言うべきだなと思うんです。でも、お礼を言いに黄泉(よみ)の国へ行くわけには参りませんので、やはりここはお墓参りへ出掛けましょうという話になります。

師匠の師匠の師匠も

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ