サイトマップ RSS

まるでSF? 砂地を登るヘビ型ロボット 米大学が開発に成功 (1/3ページ)

2014.11.2 00:02

 人間が到達できない狭い穴の中や入り組んだ地形で作業が可能なロボットがあればさぞや便利なことだろう。SF映画に出てくるようなそんな「夢」のロボットがそう遠くない将来、完成しているかもしれない。米カーネギーメロン大学や米ジョージア工科大学の研究者がこのほど、これまで不可能だった砂地を登るヘビ型ロボットの開発に成功したというのだ。

 捜索・救助、原発点検に活用

 最良のヘビ型ロボットを作りたいなら、やはりその動きはヘビに学べということか。ロイター通信(電子版)などによると、研究者らが米南西部の砂漠に生息する“ヨコバイガラガラヘビ”の動きを観察の上、ヘビ型ロボットにインプットしたところ、傾斜20度までの砂地を登ることができたという。

 ヘビ型ロボットは、車輪で動くロボットとは異なり、でこぼこした地形や狭いパイプの中で作業が可能だ。建物倒壊現場での捜索・救助活動や、原子力発電施設の点検などへの活用が期待されており、カーネギーメロン大ロボット研究所のハウィー・チョセット教授は「ヘビ型ロボットならば、人や他の機械が通行不能な複雑地形でも難なく通り抜けることができる」と語る。

接地面を増やすようにして

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ