サイトマップ RSS

所在不明の子供なお141人 厚労省2908人追跡調査 (1/4ページ)

2014.11.14 10:25

所在不明の子供たちはどこに?=※写真はイメージで、実際の不明児童とは関係ありません。

所在不明の子供たちはどこに?=※写真はイメージで、実際の不明児童とは関係ありません。【拡大】

  • 所在が確認できない子供がいる都道府県=2014年10月20日時点

 住民票の住所におらず学校にも通っていないなど、18歳未満の所在不明の子供が、10月20日時点で22都道府県に141人いることが13日、厚生労働省が行った初めての調査で分かった。5月1日時点で2908人が報告されていたが、出国記録や関係部署の情報共有を進め、大幅に減少した。ただ、141人の中には自治体が「虐待の恐れがある」と判断した子供も4人含まれていた。

 所在不明となっているのは男子75人、女子66人。未就学児61人、小学生40人、中学生27人、それ以上が13人だった。地域別では大阪府が27人で最多。兵庫県26人▽神奈川県16人▽東京都14人と続いた。72人は外国人家庭の子などで、すでに出国したとみられる。

 所在不明の子供の虐待事件などを受け、厚労省は4月から調査を開始。各自治体が5月1日時点で報告した2908人の確認を進めてきた。その結果、1185人(約41%)は海外へ出国していたことが判明。乳幼児検診などを行う母子保健部門と、児童手当や生活保護を担当する福祉部門、教育委員会などで情報を共有し、親族や近隣住民などへも調査を行い、1582人の所在を確認した。

「虐待の芽を摘む」 鍵は自治体連携

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ