サイトマップ RSS

お荷物球団を再建 辣腕GM、ムーア氏 大屋博行 (1/5ページ)

2014.11.17 13:00

【メジャースカウトの春夏秋冬】恩師であるローイ・カーピンジャー氏(左)と大屋博行氏(アトランタ・ブレーブスの国際スカウト駐日担当)=1月18日、米国(大屋博行さん提供)

【メジャースカウトの春夏秋冬】恩師であるローイ・カーピンジャー氏(左)と大屋博行氏(アトランタ・ブレーブスの国際スカウト駐日担当)=1月18日、米国(大屋博行さん提供)【拡大】

 【メジャースカウトの春夏秋冬】

 まさに快進撃だった。米大リーグで、ワイルドカードから勝ち上がり、ア・リーグを制し、29年ぶりにワールドシリーズに進出したロイヤルズ。その戦いぶりは、青木宣親(のりちか)選手がプレーしていたこともあり、日本でも注目を集めた。長年の低迷からメジャーの“お荷物球団”と揶揄(やゆ)されていたチームの再建は、2006年にデイトン・ムーア氏がゼネラルマネジャー(GM)に就任したことから始まった。

 ロイヤルズは1985年のワールドシリーズ初制覇を最後にリーグ優勝からも遠ざかっていた。2000年代に入ってからは4年連続最下位を味わい、シーズン100敗も珍しくなかった。

 GMとして招聘(しょうへい)されたムーア氏。実は、私の元上司でもある。ロイヤルズに移るまで、ブレーブスのGM補佐として辣腕を振るっていた。現場スカウトからのたたき上げで、国際部長などを歴任。1991年まで14年連続地区優勝を果たしたチームの黄金期にフロントで中心的役割を果たした一人だ。

マイナーから育てる

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ