サイトマップ RSS

絵柄も内容も 唯一無二の世界観 「青池保子 華麗なる原画の世界 ~エロイカからファルコまで~」 (1/4ページ)

2014.11.24 09:20

「エロイカより愛をこめて」(提供写真)。(C)青池保子/秋田書店

「エロイカより愛をこめて」(提供写真)。(C)青池保子/秋田書店【拡大】

  • デビュー作「さよならナネット」の展示もある=2014年11月14日、京都市中京区(提供写真)
  • 「エロイカより愛をこめて」展示ルーム=2014年11月14日、京都市中京区(提供写真)
  • 掲載誌も2会期合わせて120点が展示される=2014年11月14日、京都市中京区(提供写真)
  • 展覧会場の様子=2014年11月14日、京都市中京区(提供写真)
  • 「アルカサル-王城-」(提供写真)。(C)青池保子/秋田書店

 【アートクルーズ】

 「エロイカより愛をこめて」「イブの息子たち」「アルカサル-王城-」「修道士ファルコ」…。美形の男たちがおりなすアクションコメディーから、シリアスな歴史ロマンまで、青池保子の作品は多彩だ。面長の美青年像など、絵柄だけでなく、内容も独特。唯一無二の世界観で読者を魅了し続けている。

 既存の枠打ち破る

 青池保子のデビューは、中学3年生の頃。1963年に『りぼん増刊』で「さよならナネット」を発表したのが最初だ。その後、高校生になり、『少女フレンド』で10年ほど専属作家をつとめた。男性キャラばかり登場する『エロイカ』などのイメージが強い人は驚くかもしれないが、女の子が主人公の純愛ものなども手がけていたのだ。しかし、なかなかヒット作には恵まれず、苦節の時期が続いた。転機が訪れたのは、フリーに転身してから。70年代に入り、それまでの正統派の少女マンガでは物足りないと思う読者が増えてきたこと、そうした読者に合わせて新感覚の雑誌が増えてきたことは、心機一転の青池にとって追い風であった。

早い話が本音で漫画を描き始めた

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ