サイトマップ RSS

原点「存在しないもの」 変化した新作たち 小谷元彦展 椹木野衣 (1/5ページ)

2014.12.1 11:20

【小谷元彦展】「Terminal_Impact」(featuring_Mari_Katayama”tools”)2014年_サウンド:西原尚さん(表恒匡さん撮影、提供写真)

【小谷元彦展】「Terminal_Impact」(featuring_Mari_Katayama”tools”)2014年_サウンド:西原尚さん(表恒匡さん撮影、提供写真)【拡大】

  • 【小谷元彦展】「Terminal_Impact」(映像部分、提供写真)
  • 【小谷元彦展】「Phantom-Limb」(1997年)Countesy_of_YAMAMOTO_GENDAI(今回の展示はない、提供写真)
  • 【小谷元彦展】「Terminal_Documents」(ver2.0)2011年_サウンド:高嶋啓さん。心理学者ユング『赤の書』に触発されて、人間が視覚を失うとき最後に見る色が赤であるという仮定に重ねて作られた大型のインスタレーション=2014年11月23日(表恒匡さん撮影、提供写真)
  • 【小谷元彦展】「Terminal_Documents」(ver1.1)」2014年=2014年11月23日(提供写真)
  • 京都芸術センター=京都市中京区(提供写真)

 【アートクルーズ】

 2010年に東京・六本木の森美術館での開催を皮切りに、日本全国を巡回した大型回顧展「幽体の知覚」以降、小谷元彦(おだに・もとひこ)による久しぶりの新作展が京都で開かれている。会場となる京都芸術センターは、1993(平成5)年に閉校となった明倫小学校の校舎を再利用した施設。現代美術の展示室はもちろん、伝統芸能やワークショップルームでのプログラムからカフェまでを備える。さしずめ、前回にこの連載で紹介し、やはり廃校跡地を再利用する東京の複合文化施設、3331アーツ千代田に対する西のライバルといったところだろうか。

 震災を機に創作難航

 先の回顧展以降、実は小谷は新作になかなか手がつかない時期が続いていた。美術家としての集大成を済ませたからではない。翌年に起きた東日本大震災の衝撃から、「作品」への信頼が揺らいでしまっていたのだ。物質と格闘し、長く後代まで作品を残そうとする彫刻家であるなら、なおさらだろう。

幻影肢「ファントム・リム」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ