サイトマップ RSS

【USA! USA!】(8)イリノイ州シカゴ ライト設計、「パパ」が育った屋敷町 (1/4ページ)

2014.12.2 11:20

フランク・ロイド・ライトの設計の一番の特徴は、自然と調和したプレイリー・スタイル。深い庇(ひさし)や低い屋根で水平性を強調、屋内は壁を解き放ち、開放的な空間を演出している。その初期の代表作が銀行家、アーサー・B・ヒュートレイ邸宅で、1902年に竣工(しゅんこう)した=2014年10月14日、米イリノイ州シカゴ郊外のオークパーク(緑川真実さん撮影)

フランク・ロイド・ライトの設計の一番の特徴は、自然と調和したプレイリー・スタイル。深い庇(ひさし)や低い屋根で水平性を強調、屋内は壁を解き放ち、開放的な空間を演出している。その初期の代表作が銀行家、アーサー・B・ヒュートレイ邸宅で、1902年に竣工(しゅんこう)した=2014年10月14日、米イリノイ州シカゴ郊外のオークパーク(緑川真実さん撮影)【拡大】

  • ミシガン湖沿いに位置するミレニアムパークにはさまざまな作品が展示されており、まるで一つの美術館のようだ。「クラウンファウンテン」には、約15メートルの高さに人の顔が映し出される=2014年10月13日、米イリノイ州シカゴ(緑川真実さん撮影)
  • 観光名所として人気のシカゴ美術館は、世界各国からの観光客で一日中にぎわっている。写真はスーラの「グランド・ジャット島の日曜日の午後」=2014年10月13日、米イリノイ州シカゴ(緑川真実さん撮影)
  • ブルースクラブ「キングストン・マインズ」では、深夜まで渋い歌声が響き、盛り上がりをみせる=2014年10月4日、米イリノイ州シカゴ(緑川真実さん撮影)
  • アートの街シカゴでは、シカゴ川に沿ってビルや倉庫などの建築を見学する建築リバークルーズも人気=2014年10月14日、米イリノイ州シカゴ(緑川真実さん撮影)
  • 厚みがあるディープディッシュ・ピザはシカゴの名物。チーズがたっぷり入っていてボリューム満点だ=2014年10月13日、米イリノイ州シカゴ(緑川真実さん撮影)
  • 米イリノイ州シカゴ
  • 知られざるアメリカを紹介する公式ガイドサイト。ディスカバー・アメリカ(提供写真)。www.discoveramerica.jp

 イリノイ州の玄関口シカゴ郊外、約20キロの地にある高級住宅街オークパークは、米国を代表する2人の文化人ゆかりの地としても知られる。日本では帝国ホテル旧本館の設計者として知られる建築家、フランク・ロイド・ライト(1867~1959年)と、小説「老人と海」などで知られるノーベル賞作家、アーネスト・ヘミングウェー(1899~1961年)だ。

 オークパークは、ウィスコンシン州出身のライトが1889年に結婚して移り住み、独立して事務所を構えて壮年期を過ごした場所。ライトの一番の特徴は、自然と調和したプレイリー・スタイル(大草原に建つ家)で、オークパークには設計を手がけた約30軒ほどの邸宅が立ち並ぶ。訪ねた10月中旬は紅葉が始まった時期で、小雨の霧けぶる中で静かなたたずまいを見せていた。

 邸宅の多くは一般市民が住んでおり非公開だが、旧ライト邸と事務所は見学できる。屋内では、日本文化を好んだライトの趣味をうかがわせるデザインが多数みられるほか、1905年に日本に渡航した際のパスポートも展示されている。

大火が契機 「町全体が博物館」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ