サイトマップ RSS

【上原浩治のメジャーリーグ漂流記】来年40歳 「まだまだ未熟者やな」 (1/4ページ)

2014.12.8 12:40

すでに来季に向けた自主トレを始めている上原浩治投手=東京都内(田中充撮影)

すでに来季に向けた自主トレを始めている上原浩治投手=東京都内(田中充撮影)【拡大】

 来季だけでなく、2年後のシーズンもメジャーでプレーできることがきまった。日本でも報道されている通り、レッドソックスと来季から2年契約を結んだ。

 来年4月には40歳になる。この年になると、球団側も将来の活躍が読みづらく、単年契約の打診が予想された。私としては「一年でも長く、メジャーで野球をしたい」という思いが強い。交渉を委ねた代理人には、「できれば複数年契約」と希望を伝えていた。合意については、代理人と球団に感謝の気持ちでいっぱいだ。

 メジャーに挑戦したのはプロ11年目、33歳のときだった。渡米するとき、何とか5年はプレーしたいと思った。2013年シーズンが節目の5年目。このとき、ワールドシリーズ制覇という悲願も達成できた。14年からは次のステージに向かった。まさに一年、一年が勝負。マイナーには、自分より若い有望株がそれこそ1チームに数百人といる。戦力として必要ないと判断された瞬間、解雇の世界だ。その中で、一年でも長くと現役にこだわる気持ちが強くなった。

 11月中旬に帰国した。練習の合間を縫ってだが、テレビなどメディアの出演依頼が届くのはうれしい限りだ。これも、現役だからこその誘いだと思っている。「現役でいるうちが華」。巨人時代の先輩たちがユニホームを脱いだ後に口にする言葉の重みも実感する。

失敗繰り返すことも

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ