サイトマップ RSS

平和を思い、美しい「共鳴」作り上げた2人 テリー・ライリーと寒川裕人のコラボ「SUPER VISION」 (1/5ページ)

2014.12.8 12:25

演奏するテリー・ライリー=2014年11月23日、東京都投稿区東雲のTolot_heuristic_SHINONOME(原圭介撮影)

演奏するテリー・ライリー=2014年11月23日、東京都投稿区東雲のTolot_heuristic_SHINONOME(原圭介撮影)【拡大】

  • 会場の全景。「from_the_future」では、美しい自然の映像に、男性が書いた英文が重ねられた=2014年11月22日(提供写真)
  • テリー・ライリーの「After_the_War」の演奏=2014年11月23日、東京都江東区東雲のTolot_heuristic_SHINONOME(原圭介撮影)
  • 寒川裕人(左)、テリー・ライリー(中央)、ライリーのアン夫人(右)=2014年11月23日、東京都江東区東雲のTolot_heuristic_SHINONOME(原圭介撮影)
  • 会場の入り口。若者の関心の高さを示すように、入場者の多くは20~40代が占めた=2014年11月23日、東京都江東区東雲のTolot_heuristic_SHINONOME(原圭介撮影)

 【アートクルーズ】

 現代音楽の巨匠、テリー・ライリー(79)と若手映像作家の寒川裕人(25)のコラボレーション「SUPER VISION」が、Tolot heuristic SHINONOME(東京都江東区東雲)で開かれた。ピアノ、シンセサイザーの旋律と大画面の映像が絡み合い、平和や自然への思いを強く抱かせる美しい世界を織り上げ、入場者を魅了した。

 2人のコラボレーションが行われたのは11月22、23日。それぞれ400人を超える入場者が詰めかけた。

 会場には正面に4枚、側面に8枚のスクリーン(最大縦4メートル、横8メートル)が設置され、入場者をすっぽり包み囲む。正面ステージにはピアノとシンセサイザーが置かれた。

 「鎮魂歌」と戦争の狂気映像

 11月23日第1部は「After the War」。ライリーは、祈りのような歌で始めた。歌詞の意味は分からないが、うなり声のような厳かな響きは、戦争で亡くなった人々への鎮魂歌にもお経にも聞こえてくる。

 寒川氏の映像は戦争や紛争、軍事に関するものだ。空爆、ミサイル、負傷兵士、ヒトラーらが次々映し出される。

水の冷たさや風を感じる音

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ