サイトマップ RSS

世界の女性が共感した不器用なOL 「ジョゼフィーヌ!」著者 ペネロープ・バジューさん (1/3ページ)

2014.12.9 19:00

文学とバンド・デシネ(フランスのコミック)のフェスティバル『読書の秋2014』(在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本主催)のため来日したペネロープ・バジューさん。「原宿にも行きたい。スーツケースが一つ増えちゃうかも」と笑う=2014年11月21日(塩塚夢撮影)

文学とバンド・デシネ(フランスのコミック)のフェスティバル『読書の秋2014』(在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本主催)のため来日したペネロープ・バジューさん。「原宿にも行きたい。スーツケースが一つ増えちゃうかも」と笑う=2014年11月21日(塩塚夢撮影)【拡大】

  • (コミック「ジョゼフィーヌ!」(ペネロープ・バジュー著)より、提供写真)
  • コミック「ジョゼフィーヌ!」(ペネロープ・バジュー著/DU_BOOKS、1800円+税、提供写真)

 【本の話をしよう】

 胸なし、金なし、男なし。あるのは大きなお尻だけ-。パリの独身OL、ジョゼフィーヌの日常を描き、フランスで30万部のベストセラーになったペネロープ・バジューさんによる人気コミック『ジョゼフィーヌ!』(関澄かおる訳)が、日本に上陸した。英語やイタリア語、スペイン語などさまざまな言語に翻訳されてきたが、今度は日本の女子の共感を集めそうだ。

 ジョゼフィーヌは広告会社に勤める独身OL。親からは結婚をせっつかれるが、ろくな男が見当たらない。友人と繰り出したパーティーでハンサムな男性と知り合うが-。

 「最初に考えたのは『たくさん問題を抱えている人の方が面白い』ということ。ジョゼフィーヌは家族との仲も、恋愛もうまくいっていない。おまけに不器用でドジな性格。でも、『どうにかなるさ!』と明るく前に進んでいく女の子です」

 失恋しても、彼氏との思い出の曲に涙を流し、ワインをたんまり飲んで、次の恋を見つけんと猛進する。そんなジョゼフィーヌの姿は元気をくれる。

飾らずに向き合える相手を

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ