サイトマップ RSS

世界の女性が共感した不器用なOL 「ジョゼフィーヌ!」著者 ペネロープ・バジューさん (2/3ページ)

2014.12.9 19:00

文学とバンド・デシネ(フランスのコミック)のフェスティバル『読書の秋2014』(在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本主催)のため来日したペネロープ・バジューさん。「原宿にも行きたい。スーツケースが一つ増えちゃうかも」と笑う=2014年11月21日(塩塚夢撮影)

文学とバンド・デシネ(フランスのコミック)のフェスティバル『読書の秋2014』(在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本主催)のため来日したペネロープ・バジューさん。「原宿にも行きたい。スーツケースが一つ増えちゃうかも」と笑う=2014年11月21日(塩塚夢撮影)【拡大】

  • (コミック「ジョゼフィーヌ!」(ペネロープ・バジュー著)より、提供写真)
  • コミック「ジョゼフィーヌ!」(ペネロープ・バジュー著/DU_BOOKS、1800円+税、提供写真)

 「落ち込んだときに男の人と話しても、頼んでもいない解決策を探そうとする。でも、こっちは具体的にどうこうしてほしいのではなく、単純に慰めてほしいだけ。女性同士だと、『そう、つらかったわね。甘い物でも食べて気分を変えましょ!』と受け止めてくれる。それって女性特有の能力ですよね。この作品も、同じ。決して勇気づけようとして描いているわけではないけれど、悩みを共有して、『生きていると苦しいこともあるけれど、なんとかなるからがんばろう!』と慰めてあげられる」

 飾らずに向き合える相手を

 等身大のエッセー風コミックは、ベストセラーに。「フランスは、こういった共感できる等身大の主人公が登場する作品って、実は少ないんです。そんな中、女性たちが自分を投影できるような、身の回りにありそうな話だったところが受け入れられたのだと思います」

 フランスだけでなく、各国語に翻訳され世界中の女子の共感を集める。「パタゴニアでもこの本を見つけたわ! 世界のどこに行っても、都市生活者の暮らしってそんなに違わない。おそらく同じチェーン店で食事して、買い物して…。都市で生きる人たちに共通する問題を描いているから、世界中の人に読んでもらえるのだと思う」

あんまり婚活婚活しすぎないこと!

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ