サイトマップ RSS

ダンスパフォーマンス集団「梅棒」 演劇×J-POP 新感覚エンタメ (1/5ページ)

2014.12.11 11:45

「男ならやってやれ!!」はオタクの少年と悪ガキ少年とアイドルを夢見る少女、幼なじみ3人(写真前列の3人)の友情と恋の物語=2014年11月20日、東京都世田谷区の世田谷パブリックシアター(田中幸美撮影)

「男ならやってやれ!!」はオタクの少年と悪ガキ少年とアイドルを夢見る少女、幼なじみ3人(写真前列の3人)の友情と恋の物語=2014年11月20日、東京都世田谷区の世田谷パブリックシアター(田中幸美撮影)【拡大】

  • 3人の幼少時代を演じる子供ダンサーも熱演した=2014年11月20日、東京都世田谷区の世田谷パブリックシアター(田中幸美撮影)
  • フィナーレは出演者が勢ぞろいして舞台狭しとダンスを披露=2014年11月20日、東京都世田谷区の世田谷パブリックシアター(田中幸美撮影)
  • 「男なら、やってやれ!!」の舞台から誕生したアイドルグループ「ぷらちな娘。」。初めてリリースしたシングル「I’ll_always_be_with_you」は公演3日目で100枚が完売した=2014年11月20日、東京都世田谷区の世田谷パブリックシアター(田中幸美撮影)
  • 悪ガキ少年が入った暴走族チーム。写真中央の白い衣装が総合演出と振り付けを手がける伊藤今人(いまじん)さん=2014年11月20日、東京都世田谷区の世田谷パブリックシアター(田中幸美撮影)
  • 公演は梅棒の9人のメンバーだけでは成立せず、毎回ゲストが多数出演。ゲストの熱演も舞台の見どころになっている=2014年11月20日、東京都世田谷区の世田谷パブリックシアター(田中幸美撮影)

 内気でオタクな少年とやんちゃな悪ガキ少年、そして歌と踊りが大好きなアイドル歌手を夢見る少女。幼なじみの3人は成長して、オタクな青年、暴走族のメンバー、そしてアイドルとそれぞれの道を歩み始める。だが、ある事件をきっかけに再会、友情を確認する…。

 そんな青春ストーリーを、B’zの「LOVE PHANTOM」など誰もが聴き覚えのあるJ-POPナンバーにのせて、全編ダンスで表現するエンターテインメントがある。ダンスパフォーマンス集団「梅棒(うめぼう)」の公演「男なら、やってやれ!!」だ。ときには数十人が舞台狭しとキレキレの群舞を、またときにはステージから飛び降りて客席を巻き込んだ臨場感あふれるパフォーマンスを繰り広げる。ダンスの世界から飛び出し、新たなエンターテインメントの境地を切り開く梅棒の魅力に迫る。

 演劇×ダンス×J-POP。梅棒のステージを簡潔に表現すればこうなる。梅棒の演出と振り付けを担当する伊藤今人(いまじん)さん(31)は「演劇を作って、その作品を表現するツールとしてダンスがある」と話す。ドラマチックな大きなストーリーがあり、中にコント仕立ての笑いや、ホロリとさせられる人情話が散りばめられるなど客を楽しませる要素がもりだくさん。とにかく全編を通して笑えるし、大音響のJ-POPは過去の自分の人生を振り返る糸口にもなる。

世代と性別超えた感動届ける

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ