サイトマップ RSS

作品に生き続ける 青春の輝き、苦悩 難波田史男の世界 イメージの冒険 (1/4ページ)

2014.12.22 11:30

難波田史男「イワンの馬鹿」(12点組)1964年(世田谷美術館蔵、提供写真)

難波田史男「イワンの馬鹿」(12点組)1964年(世田谷美術館蔵、提供写真)【拡大】

  • 難波田史男「無題」1966年(世田谷美術館蔵、提供写真)
  • 難波田史男「青年」1973年(世田谷美術館蔵、提供写真)

 【アートクルーズ】

 32歳でこの世を去った画家、難波田史男(1941~74年)を振り返る「難波田史男の世界~イメージの冒険」が、世田谷美術館(東京都世田谷区)で開かれている。空想に弾む初期の作品から、自立への懊悩(おうのう)をうかがわせる死の直前の作品まで約300点を展示。駆け抜けた“青春”の実像が、豊かな表現とともに浮かび上がってくる。

 すでに著名な画家だった難波田龍起(1905~97年)の次男として育った史男は、早稲田大学高等学院に進むが、読書にのめり込む。卒業は何とかしたが、大学進学を断念。文化学院美術科でデッサンなどを学んだがなじめず、2年で中退した。兄と弟を家庭教師に早稲田大第一文学部美術専修科に入学して、主に美術理論を学んだ。

 19歳ごろから描き始めた初期の絵の特徴は「イワンの馬鹿」に代表されるように、多くの色彩が躍り、わき出るイメージが宇宙の果てまでも、とめどなく連なる表現だ。イワンの馬鹿もそうだが、とくに初期は「現代の巻き物をつくる」という意気込みで描き、11枚組、12枚組、長さ6~7メートルの大作を描いた。

青春特有の陰り

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ