サイトマップ RSS

【日本遊行-美の逍遥】其の十五(染司よしおか・京都市) 正倉院の色彩 親子で再現挑む (2/5ページ)

2014.12.24 14:05

日本古来の染色法による古代色の復元に半生をかけてきた吉岡幸雄(さちお)氏。源氏物語の色の再現、東大寺などの伝統行事、国宝修復にも貢献している=2013年10月15日(井浦新さん撮影)

日本古来の染色法による古代色の復元に半生をかけてきた吉岡幸雄(さちお)氏。源氏物語の色の再現、東大寺などの伝統行事、国宝修復にも貢献している=2013年10月15日(井浦新さん撮影)【拡大】

  • 版木の彫刻は仏師・稲田光凰氏に依頼。細やかな文様を刻むのに手を煩わせたそうだ。隙間のスペースに染料が染み込む=2014年10月22日(井浦新さん撮影)
  • 細やかな文様を彫り込んだ版木の裏面に開いた穴は、片面1600個、両面で3200個。完成形を見定めながら、栓を開けるところ、閉じるところを決めていく=2014年10月22日(井浦新さん撮影)
  • 赤一色にしても茜で10時間染め上げてやっと赤くなる。気の遠くなる作業だ=2014年10月22日(井浦新さん撮影)
  • 版木に栓をする。福田伝次さんを含む、先代からのベテラン職人4人のチームで復元に挑んでいる。美しいものをつくり出す、手や道具それ自体も美しい=2013年10月15日(井浦新さん撮影)
  • 俳優・クリエイター、井浦新(いうら・あらた)さん(本人提供)

 だが、そこには多くの壁が立ちはだかった。版木に朴(ほおのき)を使ったものの、柔らかすぎて安定しない。彫刻は細やかな文様を刻むのに、仏師に苦労をかけた。染める工程も一筋縄ではいかない。染料が入るよう、版木には片面1600個、両面3200個の穴が空いている。穴にはそれぞれ栓がついており、文様と色彩を見定め、開け閉めしながら染めていく。油断するとすぐに染料が染み出す。気の遠くなる作業だ。

 染料は煮出した瞬間が最も美しいことから、その都度煮出す。染色は他の工芸品と異なり、最後まで完成図が予想しにくい。すべての染色が終わり、板を開いた後、何度も洗い、水が滴る布をパッと開いた完成の瞬間、出産に立ち会ったかのような衝撃が全身を走った。

 ≪遡る過去 現在に投影する信念≫

 吉岡氏の飽くなき探求心は、工房の隅々、働くスタッフの息づかいにまで行き届いている。一例を挙げれば、ジャカード機以前の空引機(そらびきばた)と呼ばれる巨大な織機だ。

「紫の ひともとゆゑに 武蔵野の 草はみながら あはれとぞみる」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ