サイトマップ RSS

目の前のことに集中 共感できる 映画「海月姫(くらげひめ)」 能年玲奈さんインタビュー (1/4ページ)

2014.12.26 12:35

「洋服作りが大好きなのでとても撮影が楽しかった」と振り返る、女優の能年玲奈(のうねん・れな)さん=2014年11月18日、東京都新宿区(桐山弘太撮影)

「洋服作りが大好きなのでとても撮影が楽しかった」と振り返る、女優の能年玲奈(のうねん・れな)さん=2014年11月18日、東京都新宿区(桐山弘太撮影)【拡大】

  • 【かざすンAR(視聴無料)】映画「海月姫(くらげひめ)」(川村泰祐監督)。12月27日公開(アニープラネット提供)。(C)2014映画「海月姫」製作委員会、(C)東村アキコ/講談社

 NHK連続テレビ小説「あまちゃん」(2013年)でフレッシュな海女姿を披露し、一躍国民的な人気者となった能年玲奈(21)が、主演映画「海月姫(くらげひめ)」(川村泰祐監督)で極端に内気な「クラゲオタク」を熱演した。彼女の名は月海(つきみ)。寝ても覚めても頭の中はクラゲのことで頭がいっぱいのこの一風変わったヒロインは、水族館に行けば、ふわふわと水槽の中で浮遊するクラゲの神秘的な美しさにわれを忘れてしまい、その異様なのめり込みぶりで周囲を唖然(あぜん)とさせてしまう。

 脚本を手にした能年はまさにわが意を得たりの心境だった。「私は月海にすごく共感できるんですよ。目の前のことに猛烈に集中している月海の姿は見ていて『いいなあ』と思うんです。月海と私が似ているのは集中力です。大好きなことに取り組むとき、私も月海のようにいきなり、周囲のことなんかどうでもよくなってしまうほど、没頭してしまいますから」。もう一つ、共感できるところは出不精なところ。能年は「私も家から外に出るときにパワーがいるので…」と恥ずかしそうに答えた。

裁縫大好き、洋服も作る

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ