サイトマップ RSS

メジャーデビュー 意識変わらず、人間変わった チャラン・ポ・ランタン (1/6ページ)

2015.1.5 18:45

夜中の公園で撮影に応じる小春(右)ともも(左)。外気の冷え込みが厳しい中、2人は自分たちで構図を提案するなど楽しい雰囲気で撮影が進んだ=2014年12月12日、東京港区北青山(岡崎健志さん撮影)

夜中の公園で撮影に応じる小春(右)ともも(左)。外気の冷え込みが厳しい中、2人は自分たちで構図を提案するなど楽しい雰囲気で撮影が進んだ=2014年12月12日、東京港区北青山(岡崎健志さん撮影)【拡大】

  • インタビューに答えるもも(左)と小春(右)。ももはステージに立つと弾けるようなパフォーマンスで観客をひきよせるが、取材では小春に確かめながら丁寧にコメントする様子がほほえましかった=2014年12月12日、東京都渋谷区神宮前(岡崎健志さん撮影)
  • 「秋のゲシュタルト崩壊ツアー2014_~シルク・ドゥ・チャランポ~」の一場面。ステージでは「チャランポサーカス隊」が華やかなパフォーマンスを繰り広げた=2014年11月23日、東京・鶯谷の東京キネマ倶楽部(岡崎健志さん撮影)
  • アルバム「テアトル・テアトル」(チャラン・ポ・ランタン、CD+DVD3500円+税、CD2500円+税、提供写真)

 今年の正月。「もっとも2014年に活躍を期待するアーティスト」として、本紙に登場してもらったのが、姉妹ユニットのチャラン・ポ・ランタンだった。昭和のデカダンス? あるいはヨーロッパのジプシー? アンニュイな雰囲気を漂わせているふたり。平成も26年が過ぎようとしている時代だからこそ、彼女たちのようなユニットが生まれたのかもしれない。ちなみに、姉の小春さんは1988(昭和63)年、妹のももさんが1993(平成5)年生まれだ。昭和をリアルタイムに体験していたわけではない。

 「ポンキッキーズ」の伝播力

 夏に新潟県苗場で開催されている「フジロック」、台湾最大級のフェスと言われる「ROCK IN TACHUN」、そしてアメリカ・テキサス州オースティンで開催される世界規模の「サウスバイサウスウェスト」。内外の数多くのフェスに出演し、アメリカ人もアジア人も日本人も、多くの人をその独特な世界観で魅了してきた。そんなチャラン・ポ・ランタンが、今年ついにメジャーデビューを果たした。

 「メジャーからデビューしたと言っても、自分たちの意識は変わっていませんよ。確かに環境は変わりましたけど」と小春さん。

 7月にシングル「忘れかけていた物語」を発表。12月にアルバム『テアトル・テアトル』をリリースした。

「思い出話に私たちが残れるかもしれない。それがうれしかったですね」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ