サイトマップ RSS

僕一人で作ると意外とまとも ドレスコーズ (2/3ページ)

2015.1.7 13:00

音楽アーティスト、ドレスコーズ(提供写真)

音楽アーティスト、ドレスコーズ(提供写真)【拡大】

  • アルバム「1(ワン)」(ドレスコーズ、3000円+税(通常版))。発売中(提供写真)
  • 音楽評論家、藤田琢己さん(提供写真)

 バンド終了、制作に没頭

 志磨は昨年7月にバンド体制での活動終了を決めた時点で、後にリリースを予定しているアルバムは「一人で完成させる」とメンバーに伝えていたそうだ。その後、9月にリリースになった「Hippies E.P.」は、今までの作風とがらりと変わったサウンドや共同作業者の名前がクレジットされているところから、この4人でなければいけない理由を失い、志磨の思い描く世界観に寄っていることを感じさせるものであった。

 一人で作り、完成させたアルバムは「1(ワン)」という。収録曲のタイトルの中には「もうがまんはやだ」「妄想でバンドをやる」など、志磨の置かれた状況を如実に表しているものもある。一人になって音楽を作っている時の心情は「歌詞になっています。冷静になれなかったので、現実逃避のような感じで制作作業に没頭しました」と志磨は振り返る。そして「最初にレコーディングした『スーパー・スーパーサッド』を聴いたとき、僕はこんな音楽を作るんだ。まともだな!と思いました(笑)。毛皮のマリーズも初期のドレスコーズも決してまともではない音楽だと自分では思っているので。まともじゃなかったのって、メンバーだったんだな。僕は一人だと意外にまともな男でした!」と語った。

「志磨遼平のままの音楽」に期待

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ