サイトマップ RSS

知らずに失っていたものを取り戻す 幅允孝 (3/5ページ)

2015.1.13 15:50

「『立入禁止』をゆく」(ブラッドリー・L・ギャレット著/青土社、4536円)。発売中(提供写真)

「『立入禁止』をゆく」(ブラッドリー・L・ギャレット著/青土社、4536円)。発売中(提供写真)【拡大】

  • 【本の話をしよう】ブックディレクター、幅允孝(はば・よしたか)さん(山下亮一さん撮影、提供写真)

 ロンドンブリッジ近くに建設中のヨーロッパ最大の超高層ビル「ザ・シャード」。夜中の警備員が少なくなる時間を見計らって、彼らはそこに侵入を開始する。腹ばいの低い姿勢で警備員小屋の真後ろを通り過ぎ、中央階段に向かう。階段を一段とばしで急いで上がるが、相手は途方もなく高いビルだ。30階を過ぎると汗が止まらなくなり、50階に達する頃にはふくらはぎが悲鳴をあげる。70階までくるとセメントの階段が金属製に変わり頂上の到来を予感させた。建築途中の最突端、76階への登頂を成功させたギャレットはそこにあったクレーンの釣合錘によじ登った。あまりにも高所のため地上で動くものは何一つ見えないし、街の喧騒も聞こえない。そして、彼は街を走る光の線を水系のように感じ、ただただ風の音を聞くのだった。

 「すべて探検しろ」

 イギリスのケント州ロチェスターに打ち捨てられたソ連の潜水艦やサリー州の精神病院跡など、廃虚への潜入が多かったL.C.Cの黎明期を経て、彼らは都市部への興味を深めていった。巻末の「プレイス・ハッキング」の専門用語集に詳しくあるのだが、高度な潜入技術や調査、チームワークを必要とする最も困難で危険な侵入を「聖杯(holy grail)」と呼び、誰も見たことのない美的魅力のある場所を「叙事詩(epic)」と彼らは名付けた。

追い続けた「亡霊」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ