サイトマップ RSS

結び目があらわす日本文化の真行草 日本の神さまは何かに結ばれて里山にやってくる 松岡正剛 (1/5ページ)

2015.1.25 17:25

【BOOKWARE】編集工学研究所所長、イシス編集学校校長の松岡正剛さん=9月14日、東京都千代田区の「丸善丸の内店内の松丸本舗」(大山実撮影)

【BOOKWARE】編集工学研究所所長、イシス編集学校校長の松岡正剛さん=9月14日、東京都千代田区の「丸善丸の内店内の松丸本舗」(大山実撮影)【拡大】

  • 【BOOKWARE_松岡正剛】BOOK_MEETS_BOOK

 【BOOKWARE】

 「おむすび」も「結納」もムスビだ。注連縄(しめなわ)にも横綱にも水引にもムスビが強調されている。

 ヨーロッパやアジアにも結髪文化やリボン文化やローピング文化はあるものの、日本ほどにムスビを重んじてきた国はない。なにしろ昆布巻きから島田の髷(まげ)まで、風呂敷から帯まで、御神籤(おみくじ)から香典袋まで、なんだって結んでしまうのだ。「結論」「結果」「結局」「結婚」という言葉だって、結んだうえでのゴールなのである。

 ムスビの語源はそもそも「ムス・ヒ」に由来する。ムスは産出するの意味、ヒは日本人が古来から大事にしてきたスピリットのことをいう。ヒを産み出すこと、ヒが産み出せる状態を用意すること、それがムスビなのだ。だから古代は「産霊」と書いてムスビと読んできた。だからこそ神聖な場所を「結界」することも、大事な人と関係を交わす「結縁」(けちえん)も、すばらしい構えを評価する「結構」も、同士が誓いをたてる「結社」も、いずれも結びの成果なのである。

百種をゆうにこえる結び

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ