サイトマップ RSS

【田中大貴アナの「すぽると!」こぼれ話】間近に感じた上原投手のすごみ (3/5ページ)

2015.1.26 12:35

  • フジテレビアナウンサー、田中大貴(だいき)さん(提供写真)
  • フジテレビ、夜のスポーツニュース番組「すぽると!」ロゴ(提供写真)

 「上原が投げて、由伸が打つ」。2000年代前半の常勝・巨人を築きあげた、まさに夢の共演は子供たちにとって特別な体験となったはずです。

 大切なのは継続力

 野球熱の高い兵庫県に生まれた私は、いわゆる「松坂世代」の球児でした。公立高校から目指した甲子園出場はかないませんでしたが、勉学との両立を貫き、「いつかプロの世界へ」と夢見て、憧れの先輩、高橋さんが在籍した慶応大へ進学しました。

 当時の東京六大学は、早大に同級生で現メジャーリーガーの和田毅(つよし)投手、1つ下に鳥谷敬選手や青木宣親(のりちか)選手らがおり、とてもハイレベルなリーグでした。

 プロヘ行くことを諦めざるを得なかったのは、和田投手のボールを打てなかったからです。日本ハムの多田野数人(ただの・かずひと)投手から本塁打を放ち、自信を持って臨んだ大学4年の早慶戦。狙って振っても、和田投手の直球はかすることもできませんでした。キャッチャーミットへ吸い込まれていく球筋は、今でも脳裏に焼き付いています。

和田毅投手のおかげで野球から“卒業”

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ