サイトマップ RSS

「BLUE TOKYO」青森公演(下) 新たな舞台芸術の可能性 (1/4ページ)

2015.2.3 11:10

舞台公演「BLUE」は、青森大学新体操部と青森山田高校男子新体操部のメンバーも活躍。通常なら個人競技で使用されるスティックを手にして力強い群舞を披露した=2015年1月24日、青森県青森市堤町の「リンクステーションホール青森」(田中幸美撮影)

舞台公演「BLUE」は、青森大学新体操部と青森山田高校男子新体操部のメンバーも活躍。通常なら個人競技で使用されるスティックを手にして力強い群舞を披露した=2015年1月24日、青森県青森市堤町の「リンクステーションホール青森」(田中幸美撮影)【拡大】

  • メンバーが作った輪の中に1人が宙返りをして入る大技を披露する「BLUE_TOKYO」=2015年1月24日、青森県青森市堤町の「リンクステーションホール青森」(田中幸美撮影)
  • 新体操とダンスのただの融合ではない新たな芸術表現を開拓した「BLUE」の舞台。「BLUE_TOKYO」にしかできないアクロバット演技もふんだんに取り入れられた=2015年1月24日、青森県青森市堤町の「リンクステーションホール青森」(田中幸美撮影)
  • DAZZLEの幻想的なダンスは近未来SF世界を思わせる「BLUE」の舞台にぴったり=2015年1月24日、青森県青森市堤町の「リンクステーションホール青森」(田中幸美撮影)
  • 「BLUE」の舞台では随所に「BLUE_TOKYO」メンバーによるソロが見られた。酒瓶を「クラブ」のように操る小林翔さん=2015年1月24日、青森県青森市堤町の「リンクステーションホール青森」(田中幸美撮影)
  • 「BLUE」の舞台では随所に「BLUETOKYO」メンバーによるソロが見られた。椎野健人さんは額縁を手にコミカルなダンスを披露=2015年1月24日、青森県青森市堤町の「リンクステーションホール青森」(田中幸美撮影)
  • セリフはないが、顔の表情や身体表現で芝居をしたメンバー。左は主役の佐藤喬也さん、右はリーダーの大舌恭平さん=2015年1月24日、青森県青森市堤町の「リンクステーションホール青森」(田中幸美撮影)

 青森大学新体操部OBで結成されたプロパフォーマンスユニット「BLUE TOKYO(BT・ブルートーキョー)」が先月下旬、母校や系列の青森山田高校の新体操部員らと青森市で行った舞台公演「BLUE」。新体操とダンスの融合にとどまらず、新たな舞台芸術の可能性を見せてくれた。

 そもそも新体操とダンスはどのようにして出合ったのか。

 BTの創始者の一人で、青森山田高校男子新体操部の監督を務める荒川栄さん(42)は2008年、生徒を引き連れてあるダンスイベントに参加した。そこで出合ったのが、今回の舞台「BLUE」に特別ゲストとして出演したダンスカンパニー「DAZZLE」だ。DAZZLEは、独自のダークな世界観を持ち、人間国宝で歌舞伎役者の坂東玉三郎(64)をして「理由なく感動した」と言わせた異色のダンスカンパニー。

 その踊りを見た荒川さんは、同調性や同時性を追求する姿に新体操と同じにおいを感じたという。そして「新体操の選手が踊れるようになったら、これは新しいコンテンツになるぞ」と確信した。「DAZZLEと一緒にやりたい」。2年後にはコラボレーションが実現した。

語り継がれるBLUE

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ