サイトマップ RSS

南三陸町で活動続ける「MVCぶらんこ」 中高生の熱意 復興への提案書に (2/5ページ)

2015.2.18 17:20

首都圏の中高生に当時の写真を見せながら、震災体験を語る「南三陸町ボランティアサークル(MVC)ぶらんこ」のジュニア・リーダー(JL)=2013年10月12日、宮城県本吉郡南三陸町(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)

首都圏の中高生に当時の写真を見せながら、震災体験を語る「南三陸町ボランティアサークル(MVC)ぶらんこ」のジュニア・リーダー(JL)=2013年10月12日、宮城県本吉郡南三陸町(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)【拡大】

  • 南三陸町志津川湾の日の出=2013年10月14日、宮城県本吉郡(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • ふるさとを学ぶ「南三陸わらすこ探検隊」で、小学生たちと稲刈りをする「南三陸町ボランティアサークル(MVC)ぶらんこ」=2014年10月11日、宮城県本吉郡南三陸町(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • クリスマス会の様子。「南三陸町ボランティアサークル(MVC)ぶらんこ」は子供たちを笑顔にする活動を続けている=2014年10月11日、宮城県本吉郡南三陸町(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • まちプロの会合で今後の活動について話し合う「南三陸町ボランティアサークル(MVC)ぶらんこ」のジュニア・リーダー(JL)たち=2013年5月18日、宮城県本吉郡南三陸町(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • まちプロの会合では、毎回さまざまな積極的な意見やアイデアが出た=2013年5月18日、宮城県本吉郡南三陸町(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • 宮城県本吉郡南三陸町
  • ワールド・ビジョン・ジャパンの高橋布美子さん=2013年10月1日(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • ワールド・ビジョン・ジャパン(WVJ)__キリスト教精神に基づいて開発援助、緊急人道支援、アドボカシー(市民社会や政府への働きかけ)を行う国際NGO。子供たちとその家族、そして彼らが暮らす地域社会とともに、貧困と不公正を克服する活動を行っている。http://www.worldvision.jp/

 準備期間も含め約1年間の活動を経て、MVCぶらんこは、町の子供たちの復興に対する意見を提案書にまとめ、12年6月30日に南三陸町長に提出した。テーマは、「子供に笑顔を、地域に夢を~私たちが思い描く将来の南三陸町~」。「MVCぶらんこが実行すること」と「南三陸町への提案」の2部構成にしたところに、MVCぶらんこのこだわりを感じるのは私だけではないだろう。

 この提案書の提出は大きな成果だが、ゴールではない。将来、提案が実現するときに向けて、自分たちも地域活動の担い手として力をつけていきたい、そんな思いでMVCぶらんこは今できることは何か考え、取り組みを続けている。

 ≪子供も大人も笑顔に 少しずつ積み重ね≫

 私がMVCぶらんこと活動を共にした13年度の取り組みの中で、特に印象深かったのは、「語り部(かたりべ)」だ。研修等で南三陸町を訪れた首都圏の中高生に、日頃から個人で語り部の活動をしている2人の高校生JLが自身の被災体験を語ってくれた。

同世代の首都圏の中高生の心にも

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ