サイトマップ RSS

【湘南の風 古都の波】春まだ浅く涅槃の日 (1/4ページ)

2015.2.23 17:35

涅槃図の前で少量の砂糖を入れた湯が供えられる=2015年2月15日、神奈川県鎌倉市山ノ内の建長寺法堂(渡辺照明撮影)

涅槃図の前で少量の砂糖を入れた湯が供えられる=2015年2月15日、神奈川県鎌倉市山ノ内の建長寺法堂(渡辺照明撮影)【拡大】

  • 観音さまの6本の手は輪廻の六道(りくどう)に対応している=2015年2月7日、神奈川県鎌倉市西御門の来迎寺(渡辺照明撮影)
  • 法華堂の本尊だった如意輪観音像=2015年2月7日、神奈川県鎌倉市西御門の来迎寺(渡辺照明撮影)
  • 地蔵菩薩像=2015年2月7日、神奈川県鎌倉市西御門の来迎寺(渡辺照明撮影)
  • 跋陀婆羅尊者像=2015年2月7日、神奈川県鎌倉市西御門の来迎寺(渡辺照明撮影)
  • 宋朝様式を伝える如意輪観音像の衣の文様=2015年2月7日、神奈川県鎌倉市西御門の来迎寺(渡辺照明撮影)
  • 神奈川県鎌倉市西御門の来迎寺

 強い日差しを受けて輝く北鎌倉の建長寺三門で、お坊さんが「おはようございます」と声をかける。「本日はお釈迦さまがお亡くなりになった日です。涅槃会(ねはんえ)といいます」と説明しながら、手書きコピーのチラシを配っているのだ。

 お釈迦さまの誕生日の4月8日を祝う「花祭り」は灌仏会(かんぶつえ)、悟りを開いた12月8日は成道会、そして命日の2月15日が涅槃会。総称して三仏会と呼ばれる。

   願わくは 花の下にて 春死なん

   その如月(きさらぎ)の 望月の頃

 いただいたばかりの手書きコピーの受け売りで恐縮だが、「如月の望月」は旧暦2月15日で、新暦になおすと4月の上旬なる。

 まさに花の季節。西行法師の歌には、自分もお釈迦さまの亡くなった日に…との願いが込められているという。ただし、いまは涅槃会も新暦の2月15日に行われているので、少し季節感がずれる。

右手を頬に添えて救済の思椎

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ