サイトマップ RSS

電池残量で居場所「93%特定」 アンドロイドの無防備さ利用…開発者警告 (4/4ページ)

2015.2.25 10:26

海辺でスマートフォンを使う少女。僻地にいてもそのバッテリーの電力消費量からリアルタイムで居場所が特定される技術が開発され、波紋が広がっている=2014年11月27日、インドネシア・マルク州アルー諸島ドボ(AP)

海辺でスマートフォンを使う少女。僻地にいてもそのバッテリーの電力消費量からリアルタイムで居場所が特定される技術が開発され、波紋が広がっている=2014年11月27日、インドネシア・マルク州アルー諸島ドボ(AP)【拡大】

  • SANKEI_EXPRESS__2015(平成26)年2月25日付EX(1面)

 「バッテリー抜くしかない」

 ミカレフスキー氏は「わずか数分のバッテリーの消費量を基に、スマホの位置を特定し追跡できる」とし、悪意のハッカーや情報機関がこの技術を特定個人の監視などに利用する危険性を指摘した。今回、パワースパイを公開したのは、社会への注意喚起と同時にグーグルに改善を促すのが狙い。

 スマホは個人情報収集の格好のターゲットとなっており、危険がいっぱい。このニュースを伝えた英BBC放送は、こんなサイバーセキュリティー専門家の嘆きを伝えた。

 「もはやバッテリーを抜き取る以外、防御策がない」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ