サイトマップ RSS

シリア内戦4年 ヨルダンに逃れた難民 命はあるけど「生きがい」がない (3/5ページ)

2015.3.13 11:45

心の傷を癒やすクラスに出席した女の子。彼女も内戦やまぬシリアから逃れてきた難民だ=2013年8月15日、ヨルダン・イルビド(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)

心の傷を癒やすクラスに出席した女の子。彼女も内戦やまぬシリアから逃れてきた難民だ=2013年8月15日、ヨルダン・イルビド(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)【拡大】

  • ヨルダンの難民キャンプでたこ揚げをして遊ぶ子供たち=2014年9月10日(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • 算数の授業の様子=2015年1月20日、ヨルダン(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • アラビア語の問題を解く男の子=2015年1月20日、ヨルダン(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • 国際NGO「ワールド・ビジョン」が開催するプログラムに集まった子供たち。屈託のない笑顔がはじける=2014年7月21日、ヨルダン(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • 子供が描いた「平和の鳩」=2015年2月18日、ヨルダン(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • ワールド・ビジョン・ジャパンの國吉美紗さん(中央)=2014年9月11日(提供写真)
  • ヨルダン・首都アンマン
  • ワールド・ビジョン・ジャパン(WVJ)__キリスト教精神に基づいて開発援助、緊急人道支援、アドボカシー(市民社会や政府への働きかけ)を行う国際NGO。子供たちとその家族、そして彼らが暮らす地域社会とともに、貧困と不公正を克服する活動を行っている。http://www.worldvision.jp/

 難民の流入によってヨルダンの公立学校では子供の数が著しく増えている。通常は1クラス30人で多いほうだが、今は50人のクラスも見かける。また、授業を午前と午後の2部制に分け、授業を1コマ約30分に短縮して対応している。

 このような環境では、子供たちが十分に勉強することはできず、教員も子供たち一人一人に目を配る余裕がない。また、悲惨な光景を目の当たりにしたせいか、シリアから逃れてきた子供たちは、大きな音におびえたり、ナイフを振り回したりするという話も耳にする。そして、難民であるがゆえに、いじめにあったり差別されたりするケースも少なくない。

 ワールド・ビジョン・ジャパンは、ジャパン・プラットフォームと連携し、ヨルダンにある公立学校で補習授業を実施している。ヨルダン人、シリア人の子供たちを放課後に受け入れ、算数、アラビア語、英語の補習を行う。授業の終わりには、みんなでゲームやお絵かきをするレクリエーションの時間も設けている。また、保護者に対しては子供の保護の研修や話し合いの時間を設けている。

「僕は、自分の未来をつなぐための勉強をしています」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ