サイトマップ RSS

いまでも岡崎京子はニューウェイブ その唇からは今夜もピンクの散弾が飛んでいる (1/5ページ)

2015.3.24 17:25

【BOOKWARE】編集工学研究所所長、イシス編集学校校長の松岡正剛さん=9月14日、東京都千代田区の「丸善丸の内店内の松丸本舗」(大山実撮影)

【BOOKWARE】編集工学研究所所長、イシス編集学校校長の松岡正剛さん=9月14日、東京都千代田区の「丸善丸の内店内の松丸本舗」(大山実撮影)【拡大】

  • 【BOOKWARE_松岡正剛】BOOK_MEETS_BOOK

 【BOOKWARE】

 世田谷文学館の「岡崎京子展:戦場のガールズ・ライフ」を見た。ちょっとしんみりした気分で訪れたのだが、たちまち20年以上前の岡崎京子(きょうこ)の元気いっぱいの官能に浸れた。小粋で勢いのある線の原画、スクリーントーンが拡大されたプリント、あの戦闘的でアンニュイな独特の言葉たち、パンク時代のこましゃくれたプチ雑誌…。これらをうまく組み合わせ展示していた。気持ちがよかった。それでもちょっと涙ぐませた。

 1996年5月19日に下北沢の自宅近くで交通事故に遭って以来、岡崎の執筆や作品発表は止まってしまった。みんなの前に姿を見せなくもなった。けれども岡崎はやっぱり元気なのだ。実際にも、手塚治虫賞の大賞受賞、『リバーズ・エッジ』『pink』などの作品のフランス語訳、多くの岡崎京子論の発表、蜷川実花による『ヘルタースケルター』の映画化など、岡崎の作品も話題も、この20年近く、決してじっとなんかしていなかったのだ。そのことは京子展を見ながら一番実感できたことである。岡崎はいまなおまだ泡立っているままなのだ。

岡崎京子 あさってを描けるマンガ家

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ