サイトマップ RSS

【エコノナビ】進化する腕時計 (1/2ページ)

2015.3.25 12:05

支払い機能を搭載したスマートウオッチ「スウォッチタッチ_ゼロワン」の発売を発表するスイスの時計メーカー「スウォッチ」=2015年3月12日、スイス・コルジェモン(ロイター)

支払い機能を搭載したスマートウオッチ「スウォッチタッチ_ゼロワン」の発売を発表するスイスの時計メーカー「スウォッチ」=2015年3月12日、スイス・コルジェモン(ロイター)【拡大】

 固定された電話回線網を超越する通信手段が発達し「究極的には古くからSFで親しんできた、あの腕時計型電話へと至るのです」(「宇宙村の彼方」、同文書院327ページ)

 SF作家のアーサー・C・クラーク氏が1983年5月17日の「世界電気通信の日」に国連で行った演説の一節である。

 クラーク氏の発言を改めて読むと今のスマートフォンの概念についても「フォース・マルチプライヤー」との表現で語っている。

 SF作家が書いてきたから技術者らが実現しようとするのかどうか分からないが、アップルが発売した「アップルウオッチ」など昨年から身につけられるデジタル端末、いわゆるウエアラブル端末が市場に本格投入され始めた。血圧や脈拍の測定を通じた健康管理や、遠隔操作でのお年寄りの見守りサービなど腕時計型端末の活用によってITビジネスの幅が大きく広がりを見せている。

 スイスで3月下旬に開かれた世界最大の腕時計見本市でも、腕時計型端末の新製品が数多く披露された。特に注目を集めたのはスイスメーカーのタグ・ホイヤーが米グーグル、インテルと提携して新商品を投入すると発表したことだ。

腕時計とコンピューターの融合

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ