サイトマップ RSS

ノスタルジックなピアノの響き チリー・ゴンザレス、レネ・パウロ (1/3ページ)

2015.3.25 15:45

シンガー・ソングライター、チリー・ゴンザレス(提供写真)。(C)2015_Alexandre_Isard

シンガー・ソングライター、チリー・ゴンザレス(提供写真)。(C)2015_Alexandre_Isard【拡大】

  • アルバム「チェンバーズ」(チリー・ゴンザレス、2200円+税)。発売中(提供写真)
  • 音楽&旅ライター、栗本斉(ひとし)さん(提供写真)
  • ピアニスト、レネ・パウロ=2014年11月24日(提供写真)
  • アルバム「スターダスト~スウィート・メロディー・フォー・ハワイ~」(レネ・パウロ、2500円+税)。発売中(提供写真)

 ピアノは不思議な楽器だ。他のあらゆる楽器のなかでもっとも音域が広く、一人でオーケストラ並みの音階を生み出せる。ダイナミックに弾けば迫力ある演奏になるし、静けさを追求することもできる。だからさまざまなスタイルのピアニストがいるのもうなずける。そんな多様な世界で、今回はどこかノスタルジックなプレーをする2人のピアニストを紹介しよう。

 弦楽四重奏取り入れ

 まずは、カナダ出身で現在はフランスを拠点に活動するチリー・ゴンザレス。もしかしたらファイストのプロデューサーとして認識している人も多いかもしれない。とにかく才能あふれるマルチな人物で、シンガー・ソングライターとしてポップな曲を歌ったかと思えば、ヒップホップのビートに乗せてラップを披露し、テクノのサウンドに挑戦したりもする。しかし、彼の評価を一段と高めたのは、2004年に発表したピアノだけのアルバム「ソロ・ピアノ」ではないだろうか。親しみやすい練習曲のようなメロディーでありながら、ジャズやクラブミュージックの要素がさりげなく取り入れられた作品集は、12年に続編も作られた。最新作「チェンバーズ」はその延長線に位置する意欲作。ピアノに弦楽四重奏を取り入れた室内楽的サウンドはどこか懐かしく、クラシックともジャズともいえない魅力的な音空間を演出してくれる。

ハワイの風も感じる

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ