サイトマップ RSS

「背水」サムスン 新型スマホ日本投入 アップル中心の市場 風穴開くか (1/3ページ)

2015.4.9 09:25

日本市場でのシェアが低迷する韓国サムスン電子は、「ギャラクシー」の最新モデルで巻き返しを狙う=2015年4月8日、東京都中央区日本橋(高橋寛次撮影)

日本市場でのシェアが低迷する韓国サムスン電子は、「ギャラクシー」の最新モデルで巻き返しを狙う=2015年4月8日、東京都中央区日本橋(高橋寛次撮影)【拡大】

  • 【国内スマートフォン】ベンダー別出荷台数シェア=2013年、※IDCジャパン調べ

 韓国サムスン電子は8日、スマートフォンの新製品「ギャラクシーS6エッジ」を23日に発売すると発表した。日本国内におけるサムスン製スマホのシェアは約5%と低迷しており、サムスンの課題になっている。新製品で米アップルの「iPhone(アイフォーン)」との国内シェア差を縮め、世界市場でのシェア競争を優位に運ぶ考えだ。

 アップルに対抗心

 新製品はNTTドコモとKDDI(au)を通じて発売する。価格はドコモが未定。auは2年契約を前提に端末代金を割り引く「実質価格」が4万4280円から。

 S6エッジは画面の左右両端が湾曲して有機ELディスプレーを使っており、正面からは縁がないように見える。端末のサイズを抑えながら画面が大きく見えるように工夫している。

 「このように、暗い場所でクオリティーの差が表れます」

 東京都内で開いた発表会でサムスンは、「S6エッジ」とアップルの「アイフォーン6」で撮影した静止画や動画を大型スクリーンで比較し、画質の良さをアピールした。

東京五輪にらみ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ