サイトマップ RSS

世界で最も美しくて最も恐ろしい方程式 アインシュタインが生み出した原爆と原発の原理 松岡正剛 (1/6ページ)

2015.4.13 17:40

【BOOKWARE】編集工学研究所所長、イシス編集学校校長の松岡正剛さん=9月14日、東京都千代田区の「丸善丸の内店内の松丸本舗」(大山実撮影)

【BOOKWARE】編集工学研究所所長、イシス編集学校校長の松岡正剛さん=9月14日、東京都千代田区の「丸善丸の内店内の松丸本舗」(大山実撮影)【拡大】

  • 【BOOKWARE_松岡正剛】BOOK_MEETS_BOOK

 【BOOKWARE】

 マライア・キャリーの2008年のアルバムに「E=mc2」がある。「イー・イコールズ・エムシー・スクウェアード」と読む。全米ナンバーワンのヒットになった。むろん世界で最も有名で、かつ最も恐ろしいアインシュタインの方程式をタイトルにしたものだが、実は彼女のイニシャルをもじってもいた。

 19世紀末、物理学者たちは大きな謎に直面していた。物質と光の関係はどうなっているのかという問題だ。二つの力学が重ならないのだ。ニュートンは物質が運動するとどうなるかを解いた。マックスウェルは光(電磁波)がどんな力をもつのかを解いた。けれども光が地球に対してどんな運動をしているのかを説明しようとすると、この二つはうまく重なってはくれない。

 そこで、地球のまわりには「エーテルの風」というものが吹いていて、光や電気はその媒質の影響を受けてニュートンの力学を満足させていると考えてみた。ところがマイケルソンとモーリーという二人の科学者が特別な装置を考案して計測してみたところ、「エーテルの風」など吹いていなかったのである。

特殊相対性理論とE=mc2の誕生を告げる論文

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ