サイトマップ RSS

世界で最も美しくて最も恐ろしい方程式 アインシュタインが生み出した原爆と原発の原理 松岡正剛 (3/6ページ)

2015.4.13 17:40

【BOOKWARE】編集工学研究所所長、イシス編集学校校長の松岡正剛さん=9月14日、東京都千代田区の「丸善丸の内店内の松丸本舗」(大山実撮影)

【BOOKWARE】編集工学研究所所長、イシス編集学校校長の松岡正剛さん=9月14日、東京都千代田区の「丸善丸の内店内の松丸本舗」(大山実撮影)【拡大】

  • 【BOOKWARE_松岡正剛】BOOK_MEETS_BOOK

 やがて、この方程式は驚くべきことを暗示していることが判明した。たった一個の陽子が中性子に変わってもエネルギーの拡張がおこるのだとすれば、その転換を連続的におこしさえすれば、人工的な核分裂や核融合によって莫大なエネルギーを放出させることが可能である、そういう原子力利用や原子力爆弾ができるということが見えてきたのだった。E=mc2は原爆と原発をつくりだしたのである。

 そんなことは露知らず、特殊相対性理論のあと、アインシュタインは時空構造の特徴を思索して、一般相対性理論の構築に向かった。これは物質と重力と時空の意外な関係を解き明かしたもので、重力によって時空間に曲がりや歪みが生じるというものだった。特殊と一般。どちらもとんでもない発見だった。大学3年のとき、禅と相対性理論を一緒くたに感じようとしていた“青い春”が懐かしい。

特殊相対性理論の説明が画期的

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ